NZD/CAD ニュージーランド・カナダドル

高値 安値 前日比 % 前日比
可能性が、信頼のパートナーとともに、開いていく。

ニュージーランドドル - NZD

ニュージーランドドルは、ニュージーランド、クック諸島、ニウエトケラウ、ピトケアン諸島の法定通貨です。英語での愛称はキウイ、中国語ではニュージーランドドルとして知られています。ニュージーランドドルは1967年に導入されました。それ以前の通貨はニュージーランドポンドでした。ニュージーランドドルはニュージーランドの中央銀行であるニュージーランド準備銀行によって発行されています。ニュージーランドは1973年に管理変動相場制を導入し、1984年後半にはほぼすべての外国為替規制を撤廃しました。2019年4月に国際決済銀行が実施した調査によると、ニュージーランドドルの1日の平均外国為替取引量は1,368億2,000万ドルで、世界の1日の外国為替取引量の2.1% を占め、世界第10位でした。

通貨の特徴

2008年の経済危機以前は、NZドルは金利が高いため、キャリートレードに適した通貨ペアでした。2008年、ニュージーランドの金利は8.25%に達しましたが、2009年5月に経済危機後が発生し、金利が2.5%まで低下しました。2015年、ニュージーランドのGDP成長率は4.2%に回復し、金利も2014年3月の2.5%から2015年には3.5%まで上昇しました。その後、2016年までその状態が続きました。2020年2月、ニュージーランドは新型コロナウイルスの影響を受け、金利は1%から0.25%に低下しました。現在のところ、キャリートレードは最小限に抑えられています。

2010年以降、ニュージーランド経済は徐々に回復し、GDP成長率は上昇を続け、2016年には4.2%に達しました。ニュージーランドは典型的な輸出国です。2019年にはGDPの中で輸出が18.5%を占めました。この18.5%のうち、乳製品、卵、蜂蜜が輸出総量の27%、食肉が13%、果物とナッツが5.7%を占めています。これら3つを合わせると、全輸出の45.7%を占めることになります。世界中の輸出商品、特に乳製品の価格が極端に変動すると、結果としてニュージーランドの商品輸出とニュージーランドドルに大きな影響が及びます。

ニュージーランドの輸出品のほとんどは中国とオーストラリア向けです。2019年のニュージーランドの輸出先のうち、中国が29%、オーストラリアが15%、米国が9.8%、日本が6.1%でした。世界貿易関係の継続的な調整、中国と米国およびその他の国との間の貿易摩擦、さらには国家間の貿易戦争により、ニュージーランドと中国の間の政治および貿易関係は、ニュージーランドの輸出に重大な影響を与えています。

カナダドル - CAD

カナダドルはカナダの法定通貨であり、カナダ中央銀行により発行されています。カナダの堅調な経済、政府の支払能力の高さ、安定した法制度と政治制度により、各国の中央銀行はカナダドルを好んで使用しています。2019年4月に国際決済銀行が発表したレポートによると、カナダドルは1日の平均取引高が世界第7位です。カナダドルの1日の平均外国為替取引高は世界の外国為替取引高の5%を占めています。

カナダドルの歴史

1967年、カナダの州であるニューブランズウィック州、ノバスコシア州がカナダ連邦を結成し、それまで3通りだった通貨が1つの通貨、カナダドルに統合されました。1971年、カナダ議会は統一通貨法を可決し、カナダドルがこの連邦の通貨になりました。カナダは1962年5月2日まで変動為替レートでした。1962年5月2日、カナダ政府は、カナダドルと米ドルの為替レートを固定し、1米ドル = 1.081カナダドルと規定しました。1971年8月15日、カナダドルは変動為替レートを採用し始めました。

カナダ経済

2019年のカナダの名目GDPは1兆9,309億米ドルで、世界第10位でした。これは世界のGDPの2%を占めています。一方、米国は2019年の名目GDPが21兆4,394億5000万ドルで、世界第1位でした。

世界銀行の統計によると、2019年、カナダの商品とサービスの輸出はGDPの31.64%を占め、輸入はGDPの33.33%でした。輸出のうち、化石燃料、原油、精製品が22%、電車・路面電車以外の車両が14%、機械、原子炉、ボイラーが7.8%、不特定財が4.9%、アルミニウムが1.9%、鋼鉄が1.3%となっています。輸出相手国として、米国が全体の76%、中国が3.9%、英国が3.4%、日本が2.1%を占めています。輸入相手国では、米国が総輸入量の51%、中国が総輸入量の13%、メキシコが総輸入量の6.2%です。

2018年、原油価格の高騰と住宅価格の上昇により、カナダ経済の流れはほぼピークに達し、カナダのインフレ率も目標の2%付近で推移していました。インフレと過度の経済成長に対処するため、カナダ銀行は金利を1.25%から1.75%へと2回引き上げました。2019年、カナダ銀行は、エネルギー部門の低迷と米中貿易関係の悪化に直面しているにもかかわらず、金利を1.75%に据え置きました。2020年、新型コロナウイルスによる経済的圧迫を受けて、カナダ銀行は金利を直接0.25%に引き下げました。2020年10月28日、カナダ銀行は低金利が2023年まで続くと予測しました。

NZD/CADのトレード方法

ニュージーランドは世界で最初に外国為替取引を開始した地域の1つです。ニュージーランドの経済指標が発表されたとき、世界の主要な外国為替取引所はまだ取引を開始していませんでした。金利、貿易、GDP、国際関係などはすべて、ニュージーランドドルに影響を与える要因となります。カナダの輸出品には多くの商品(コモディティ)が含まれているため、カナダドルと商品価格の間に強い関連性があります。国際商品、特に原油の価格推移は、カナダドルに劇的な影響を与えることがあります。商品価格の上昇は、インフレ率の上昇にもつながります。インフレ率が一定の範囲まで上昇すると、金利が変動します。金利の変動は、通貨供給量とその需要に影響を与える最も直接的な要因です。

ピボットポイント

  • ピボットポイント
  • 乖離値

    乖離値

    乖離値” とはピボットポイントとビッド価格との差を示しており、原則的にアスク価格からピボットポイント分を差し引くことで算出されます。

  • ビッド
  • アスク

日足

高値
安値
終値
R3
R2
R1
S1
S2
S3

週足

高値
安値
終値
R3
R2
R1
S1
S2
S3

月足

高値
安値
終値
R3
R2
R1
S1
S2
S3