SGD/HKD シンガポール ドル・香港 ドル

高値 安値 前日比 % 前日比
可能性が、信頼のパートナーとともに、開いていく。

シンガポールドル - SGD

シンガポール ドル (SGD) はシンガポールの法定通貨であり、1 シンガポールドル=10ホーン (「グロス」とも呼ばれます) または1シンガポールドル= 100 セントです。2002年以前は、シンガポール金融理事会がシンガポールドルを発行していました。その後、シンガポールドルはシンガポール金融管理局により発行されています。1965年、シンガポールは共和国を樹立し、1967年に独自の通貨であるシンガポールドルの発行を開始しました。1985年以降、シンガポールは変動相場制を採用しました。2019年4月のシンガポールドルの1日の平均外国為替取引高は1,190億米ドルでした。そのうちスポット外国為替の1日の平均取引高は370億米ドルで、これは世界の1日平の均外国為替取引高の1.8%を占めています。1日の平均取引量では世界13位でした。

シンガポール経済

シンガポールは小さな国で、国土面積が719平方キロメートル、人口が6,209,660人です。しかし、2019年のシンガポールの名目GDPは3,628億2,000万米ドルで、世界のGDPの0.408%を占め、GDPランキングでは世界第36位となっています。シンガポールは、2019年の1人当たりのGDPが65,233米ドルで世界8位でした。

シンガポール経済の中心産業は製造業です。シンガポール統計局の統計によると、2019年に製造業がシンガポールの年間GDPの20.9%を占めました。そのうち小売業が17.3%、ビジネスサービス業が14.8%、金融・保険業が13.9%でした。シンガポールの製造業はインダストリー4.0の時代に突入しました。シンガポールは世界第4位のハイテク製品輸出国であり、医薬品では世界上位10うち5つを製造しています。また、シンガポールは世界第5位の精製油生産国でもあります。シンガポールのハイエンド製造業は、宇宙船、電子製品、バイオテクノロジー製品、精密機械などが占めています。

2019年のシンガポールのGDPのうち28.2%は、商品とサービスの純輸出によるものでした。その中で、輸出はGDPの約174%、輸入はGDPの約146%を占めました。輸出入貿易ではGDPの320%を占めています。輸出国の内訳は、中国本土が14%、香港・中国が12%、マレーシアが11%、米国が9.2%となっています。輸入では、中国が15%、米国が13%、マレーシアが13%です。

シンガポールは良好なビジネス環境、優れた地理的位置、効率的な政府サービスの恩恵を受けて、海外直接投資の純流入が2011年以来増加し続けています。2019年、シンガポールへの外国直接投資の純流入は、GDP の28.36%を占めました。

シンガポールには中央銀行がなく、金融政策はシンガポール金融管理局が実施しています。連邦準備制度理事会や欧州中央銀行などとは異なり、シンガポールは金利を通じて通貨制度を管理していません。シンガポールの名目実効外国為替レート(S$ NEER-名目実効為替レート) は、外国為替メカニズムを通じて管理され、資本市場に影響を与えています。

香港ドル - HKD

香港ドル(HKD)は、香港の法定通貨です。香港の基本法および中英共同宣言によると、香港は自治的に独自の通貨を発行する権利を有しています。香港ドル紙幣の大部分は、香港金融管理局の監督下にある3つの紙幣発行銀行によって発行されています。それら3つの銀行とは、HSBC、スタンダードチャータード、中国銀行です。国際決済銀行の調査によると、2019年4月の香港ドルの1日の平均外国為替取引高は2,330億米ドルで、そのうち現物外国為替の1日平均取引高は570億米ドルでした。香港ドルの1日の平均外国為替取引高は、世界の1日の平均外国為替取引高の3.5%を占め、1日の平均外国為替取引高が世界第9位の通貨となっています。

香港は198年以来、連動為替相場制を確立しており、香港ドルの発行は米ドルに固定されています。この連動為替相場制により、対米ドルの為替レートは7.75~7.85の範囲で安定しています。連動為替相場制の下、香港ドルのマネタリーベースは、香港の外為基金を構成する米ドルによって支えられています。香港ドルの需要が供給を上回ると、為替レートは下限の 7.75に近づき、香港通貨庁が市場で香港ドルを売り、米ドルを買うと、マネタリーベースが拡大し、金利が低下します。そのため、為替レートはレンジ内に戻ります。逆もまた同様です。連携通貨制度の導入以来、香港ドルは相対的に安定し、アジア通貨危機、2008年の世界経済危機、英国のEU離脱、2018年の米中対立、貿易戦争やその他の世界的な混乱を乗り越えてきました。

香港経済

香港経済は高度にリベラルな市場経済です。2019年に、香港のGDPは3,729億9,000万米ドルで、世界のGDP総額の0.426%を占め、世界で34位にランクされています。しかし、香港は1人当たりのGDPランキングが世界第15位で、48,756米ドルです。2018年以降、香港の経済成長率は大幅に低下し始めています。2019年6月に始まった暴動の影響を受け、香港経済は深刻化し、GDP成長率の低下が続いています。2020年の感染症拡大の影響を受け、香港の経済は底を打ちました。

香港は中国の自治区として中国と経済的に密接に結びついています。香港統計局によると、香港経済の4つの主要部門には、金融サービス、観光、貿易・物流、専門的およびビジネス支援サービスが含まれています。2018年、サービス産業はGDPの93.1%を占め、そのうち輸出入貿易は17.2%を占めました。残りは、物流がGDPの6.2%、観光業が3.4%、金融・保険が19.8%、専門サービスが5.9%、産業および商業サービスが17.2%でした。中国本土と政治経済的に密接な関係にあるため、貿易に関しては、中国本土が香港の輸出の57%、輸入の49%を占めています。

USD/HKDのトレード方法

国際決済銀行の統計によると、香港ドルに対する米ドルの1日の平均外国為替取引量は2,190億米ドルで、世界の1日の平均外国為替取引量の3.3%を占めています。香港ドルの最大の特徴は、香港の外国為替制度によって決まるレンジ変動です。香港ドルが比較的安定した通貨であるのはまさにこの特徴によるものです。香港ドルの第二の特徴は、中国経済との密接な関係です。香港の主要な貿易相手国として、中国本土は香港の輸出入貿易において重要な役割を果たします。中国経済の健全性は、香港ドルの為替レートの変動と為替レートメカニズムの安定に関係しています。香港ドルの第三の特徴は、中国香港関係や中米関係との密接な関係です。香港は常に、中米関係において米国にとって重要なウェイトを占めてきました。たとえば、2018年に米中貿易戦争が起きたとき、香港ドルは急落し、数か月間、7.85の分水嶺付近で推移しました。2019年の香港暴動でも、香港ドルは急落し、7.85の分水嶺付近に近づきました。FOREX.comでは、香港ドル関連の通貨ペアもトレード可能です。

ピボットポイント

  • ピボットポイント
  • 乖離値

    乖離値

    乖離値” とはピボットポイントとビッド価格との差を示しており、原則的にアスク価格からピボットポイント分を差し引くことで算出されます。

  • ビッド
  • アスク

日足

高値
安値
終値
R3
R2
R1
S1
S2
S3

週足

高値
安値
終値
R3
R2
R1
S1
S2
S3

月足

高値
安値
終値
R3
R2
R1
S1
S2
S3