SGD/JPY シンガポール ドル から 日本円 — シンガポールドル円

高値 安値 前日比 % 前日比
可能性が、信頼のパートナーとともに、開いていく。

シンガポールドル - SGD

シンガポール ドル (SGD) はシンガポールの法定通貨であり、1 シンガポールドル=10ホーン (「グロス」とも呼ばれます) または1シンガポールドル= 100 セント (セント) です。2002年以前は、シンガポール金融理事会がシンガポールドルを発行していました。その後、シンガポールドルはシンガポール金融管理局により発行されています。1965年、シンガポールは共和国を樹立し、1967年に独自の通貨であるシンガポールドルの発行を開始しました。1985年以降、シンガポールは変動相場制を採用しました。2019年4月のシンガポールドルの1日平均の外国為替取引高は1,190億米ドルで、そのうちスポット外国為替の1日平均取引高は370億米ドルです。1日の平均外国為替取引高は世界で.8%を占めました。1日当たりの通貨外国為替平均取引量は世界第13位です。

シンガポール経済

シンガポールは小さな国で、国土面積が719平方キロメートル、人口が6,209,660人です。しかし、2019年のシンガポールの名目GDPは3,628億2,000万米ドルで、世界のGDPの0.408%を占め、GDPランキングでは世界第36位となっています。シンガポールは、2019年の1人当たりのGDPが65,233米ドルで世界8位でした。

シンガポール経済の中心産業は製造業です。シンガポール統計局の統計によると、2019年に製造業がシンガポールの年間GDPの20.9%を占めました。そのうち小売業が17.3%、ビジネスサービス業が14.8%、金融・保険業が13.9%でした。シンガポールの製造業はインダストリー4.0の時代に突入しました。シンガポールは世界第4位のハイテク製品輸出国であり、医薬品では世界上位10うち5つを製造しています。また、シンガポールは世界第5位の精製油生産国でもあります。シンガポールのハイエンド製造業は、宇宙船、電子製品、バイオテクノロジー製品、精密機械などが占めています。

2019年のシンガポールのGDPのうち28.2%は、商品とサービスの純輸出によるものでした。その中で、輸出はGDPの約174%、輸入はGDPの約146%を占めました。輸出入貿易ではGDPの320%を占めています。輸出国の内訳は、中国本土が14%、香港・中国が12%、マレーシアが11%、米国が9.2%となっています。輸入では、中国が15%、米国が13%、マレーシアが13%です。

シンガポールは良好なビジネス環境、優れた地理的位置、効率的な政府サービスの恩恵を受けて、海外直接投資の純流入が2011年以来増加し続けています。2019年、シンガポールへの外国直接投資の純流入は、GDP の28.36%を占めました。

シンガポールには中央銀行がなく、金融政策はシンガポール金融管理局が実施しています。連邦準備制度理事会や欧州中央銀行などとは異なり、シンガポールは金利を通じて通貨制度を管理していません。シンガポールの名目実効外国為替レート (S$ NEER-名目実効為替レート) は、外国為替メカニズムを通じて管理され、資本市場に影響を与えています。

日本円 - JPY

日本円は日本の法定通貨です。名称は円(日本語:円〔えん〕/えん〔ゑん〕、ローマ字: Yen)で、正式名称は日本円、通貨記号は¥、国際標準化機構ISO 4217の通貨コードはJPY、発行元は日本銀行です。2019年4月の国際決済銀行の調査によると、円はドルとユーロに次いで世界で3番目に多く取引されている通貨です。1日の平均取引量は1兆1,080億米ドルに達し、そのうち外国為替の1日の平均取引量は3,600億米ドルです。1日の平均外国為替取引高は、世界の1日の平均外国為替取引高の16.8%を占めています。しかし、2016年と比べると5%減少しています。円の外国為替取引高が減少したのは、主にUSD/JPYの流動性が低いことが原因です。それでも、相対的に見ると、EUR/JPYやAUD/JPYなどの他の通貨との円ペアでは、過去3年間で取引量が増加しています。同時に、利回りの高い新興国通貨と円のペアは、トレーダーにとって魅力が増しています。

日本円の歴史

1871年、日本円誕生。1874年、銀本位制に移行。1897年、金本位制実施。1931年、金本位制廃止。第二次世界大戦中、日本では深刻なインフレが起こり、円は大幅に下落しました。日本が国際通貨基金に加盟した1964年以降、円は国際貿易決済手段として大規模に使用されるようになりました。1970年代以降、日本の貿易が繁栄し、経済が回復すると、円に対する為替レートの自由化の圧力が高まりました。日本では1980年に外為法が改正され、円の自由化が始まりました。アメリカは対日貿易赤字が膨らんでいたため、円相場の変動制を望んでいました。1984年に日米円ドル委員会が設置され、これが円の国際化の始まりとなりました。

日本経済

2019年の日本の名目GDPは5兆799億2000万ドルで、世界第3位でした。日本のGDPは世界のGDPの5.86%を占め、1人当たりのGDPでは世界で23位でした。2012年以降、日本のGDP成長率は1%前後で推移しています。

日本は世界第3位の自動車生産国であり、世界最大の電子工学産業を擁し、世界で最も革新的な国の1つとしてランク付けされています。韓国や中国との製造競争に直面している日本の製造業は現在、光学、ハイブリッド車、ロボット工学などのハイテク分野の製品に重点を置いています。

国土面積が小さく、天然資源の埋蔵量が少ないため、日本は主要な天然資源において輸入に大きく依存しています。日本のエネルギーの約84%は、他の国から輸入に頼らなければならない状態です。日本は液化天然ガスの世界最大の輸入国であり、石炭の輸入国は世界第2位、原油の輸入に関しては世界第3位です。2018年、日本は世界第4位の輸入国、そして世界第4位の輸出国となりました。輸出の占める割合はGDPの18.52%で、輸入はGDPの 18.29%です。他の先進国と比較して、GDPに占める日本の輸出の割合は依然として小さいです。日本は、世界で最も輸出依存度の低い国の1つです。

日本では1990年に住宅バブルがはじけました。以来、日本の経済成長率は2%を超えたことはほとんどありません。高齢化問題と長期にわたる低インフレにより、日本の実質金利は2010年以降、マイナス金利になっています。日本は2016年にマイナス金利の導入を開始し、アジアで初めてマイナス金利を導入した国でもあります。低金利という直接的な理由から、円安の余地がほとんどなくなり、安全通貨としての地位も確立しました。

シンガポールドルと日本円のトレード方法

シンガポールは国土と資源が限られているため、製造業に必要な原材料や資源の多くは輸入に依存しており、その経済は輸出入に依存しています。国際貿易関係、特にシンガポール、中国、米国間の貿易関係は、シンガポールドルに大きな影響を与えます。シンガポールは、その主な輸出相手国である中国と米国から、米中貿易摩擦、特にハイテク産業への規制環境の下でハイエンド製造業に一定の影響を受け、シンガポール通貨も影響を受けやすくなっています。為替レートは管理されるようになります。

ピボットポイント

  • ピボットポイント
  • 乖離値

    乖離値

    乖離値” とはピボットポイントとビッド価格との差を示しており、原則的にアスク価格からピボットポイント分を差し引くことで算出されます。

  • ビッド
  • アスク

日足

高値
安値
終値
R3
R2
R1
S1
S2
S3

週足

高値
安値
終値
R3
R2
R1
S1
S2
S3

月足

高値
安値
終値
R3
R2
R1
S1
S2
S3