USD/CAD 米ドル・カナダドル

高値 安値 前日比 % 前日比
可能性が、信頼のパートナーとともに、開いていく。

カナダドル - CAD

カナダドルはカナダの法定通貨であり、カナダ中央銀行により発行されています。カナダの堅調な経済、政府の支払能力の高さ、安定した法制度と政治制度により、各国の中央銀行はカナダドルを好んで使用しています。2019年4月に国際決済銀行が発表したレポートによると、カナダドルは1日の平均取引高が世界第7位です。カナダドルの1日の平均外国為替取引高は世界の外国為替取引高の5%を占めています。

カナダドルの歴史

1967年、カナダの州であるニューブランズウィック州、ノバスコシア州がカナダ連邦を結成し、それまで3通りだった通貨が1つの通貨、カナダドルに統合されました。1971年、カナダ議会は統一通貨法を可決し、カナダドルがこの連邦の通貨になりました。カナダは1962年5月2日まで変動為替レートでした。1962年5月2日、カナダ政府は、カナダドルと米ドルの為替レートを固定し、1米ドル = 1.081カナダドルと規定しました。1971年8月15日、カナダドルは変動為替レートを採用し始めました。

カナダ経済

2019年のカナダの名目GDPは1兆9,309億米ドルで、世界第10位でした。これは世界のGDPの2%を占めています。一方、米国は2019年の名目GDPが21兆4,394億5000万ドルで、世界第1位でした。

世界銀行の統計によると、2019年、カナダの商品とサービスの輸出はGDPの31.64%を占め、輸入はGDPの33.33%でした。輸出のうち、化石燃料、原油、精製品が22%、電車・路面電車以外の車両が14%、機械、原子炉、ボイラーが7.8%、不特定財が4.9%、アルミニウムが1.9%、鋼鉄が1.3%となっています。輸出相手国として、米国が全体の76%、中国が3.9%、英国が3.4%、日本が2.1%を占めています。輸入相手国では、米国が総輸入量の51%、中国が総輸入量の13%、メキシコが総輸入量の6.2%です。

2018年、原油価格の高騰と住宅価格の上昇により、カナダ経済の流れはほぼピークに達し、カナダのインフレ率も目標の2%付近で推移していました。インフレと過度の経済成長に対処するため、カナダ銀行は金利を1.25%から1.75%へと2回引き上げました。2019年、カナダ銀行は、エネルギー部門の低迷と米中貿易関係の悪化に直面しているにもかかわらず、金利を1.75%に据え置きました。2020年、新型コロナウイルスによる経済的圧迫を受けて、カナダ銀行は金利を直接0.25%に引き下げました。2020年10月28日、カナダ銀行は低金利が2023年まで続くと予測しました。

米ドル - USD

米ドル(英語: USD; ISO 4217 コード: USD)は、(米国)連邦準備制度理事会による通貨であり、預金義務としての米国の公式通貨です。米ドルは1792年に貨幣法が可決されたことにより誕生しました。米ドルは同時に、米国以外の国でも準備通貨として広く使用されています。現在の米ドルの発行は、米国連邦準備制度理事会によって管理されています。国際決済機構による2019年4月の調査によると、米ドルは世界の外国為替市場を支配しており、(米ドルを含む)世界の通貨ペア取引量の88%を占めています。

米国経済

2019年の米国の名目GDP総額は21兆4,332億3,000ドルで、世界第1位です。世界のGDPの24.8%を占め、1人当たりのGDPは世界第5位です。GDPの構成では、金融、保険、不動産およびリース産業がGDP全体の21%、専門およびビジネスサービスが12.8%、政府支出が12.3%、製造業が11%、教育サービス・健康およびそれに関連するサポートが8.8%、卸売・小売業が11.5%、情報産業が5.2%を占めています。

相対的に言えば、GDPの全体構造に関して、GDPに占める米国の商品およびサービスの輸出の割合は、2019年に13%であり、輸入品およびサービスの割合は18%でした。純輸出は、-5%の貿易赤字となりました。個人消費はGDPの70%を占め、そのうち25%が商品消費、45%がサービス消費です。事業投資は18%を占めています。政府支出は17%です。

米国経済の際立った特徴は、技術的に高度に発達したサービス部門であり、全体として総生産量の約80%を占めています。米国経済は、テクノロジー、金融、健康、小売のサービス指向の企業によって支配されています。米国ではサービス部門が最大の推進力となっていますが依然として、製造業が重要な基盤であり、生産高の約15%を占めています。米国は世界第2位の製造国であり、自動車、宇宙航空、通信、医薬品などのハイエンド製造業で世界をけん引しています。農業は総生産量の2%しか占めていませんが、米国は依然として世界最大の農産物輸出国です。

USD/CADのトレード方法

米国の主要経済指標の発表は、世界の金融市場にとって極めて重要な意味を持ちます。これらの経済指標には、非農業部門雇用者数、購買担当者景気指数、消費者信頼感指数、消費者物価指数、国内総生産、小売売上高、ISM非製造業景況指数、個人消費支出などが含まれます。FRB(連邦準備制度)は、米国の金融政策を決定します。FRBの主な機能は、最大雇用を促進し、価格を安定させ、時宜にかなった金利を維持することです。連邦準備制度理事会が発表した金利決定は、世界の金融市場に影響を与える最も重要な要因の1つとなり、その次に連邦準備制度当局者によるスピーチ、連邦準備制度理事会の回顧録、および金融政策レポートなどがありました。

カナダの輸出品には多くの商品(コモディティ)が含まれているため、カナダドルと商品価格の間に強い関連性があります。国際商品、特に原油の価格推移は、カナダドルに劇的な影響を与えることがあります。商品価格の上昇は、インフレ率の上昇にもつながります。インフレ率が一定の範囲まで上昇すると、金利が変動します。金利の変動は、通貨供給量とその需要に影響を与える最も直接的な要因です。

米国はカナダにとって最も近い貿易相手国であるため、米国の最大の輸出入市場であり、米国経済の全体的な状況および米国の対外政治関係はカナダ経済に極めて重要な影響を及ぼし 、カナダドルも影響を受けます。2020年、新型コロナウイルスはアメリカとカナダの両方に大きな影響を与えるでしょう。同時に、米中間の緊張と米国の大統領選挙により、市場リスクが急激に高まっています。カナダドルを取引する際、トレーダーは依然として米国の政治経済ニュースを見逃さずに注意を払う必要があります。そして、リスク管理をしっかりと行ってください。

ピボットポイント

  • ピボットポイント
  • 乖離値

    乖離値

    乖離値” とはピボットポイントとビッド価格との差を示しており、原則的にアスク価格からピボットポイント分を差し引くことで算出されます。

  • ビッド
  • アスク

日足

高値
安値
終値
R3
R2
R1
S1
S2
S3

週足

高値
安値
終値
R3
R2
R1
S1
S2
S3

月足

高値
安値
終値
R3
R2
R1
S1
S2
S3