USD/ILS 米ドル ・イスラエル新シェケル

高値 安値 前日比 % 前日比
可能性が、信頼のパートナーとともに、開いていく。

米ドル - USD

米ドル(英語: USD; ISO 4217 コード: USD)は、(米国)連邦準備制度理事会による通貨であり、預金義務としての米国の公式通貨です。米ドルは1792年に貨幣法が可決されたことにより誕生しました。米ドルは同時に、米国以外の国でも準備通貨として広く使用されています。現在の米ドルの発行は、米国連邦準備制度理事会によって管理されています。国際決済機構による2019年4月の調査によると、米ドルは世界の外国為替市場を支配しており、(米ドルを含む)世界の通貨ペア取引量の88%を占めています。

米国経済

2019年の米国の名目GDP総額は21兆4,332億3,000ドルで、世界第1位です。世界のGDPの24.8%を占め、1人当たりのGDPは世界第5位です。GDPの構成では、金融、保険、不動産およびリース産業がGDP全体の21%、専門およびビジネスサービスが12.8%、政府支出が12.3%、製造業が11%、教育サービス・健康およびそれに関連するサポートが8.8%、卸売・小売業が11.5%、情報産業が5.2%を占めています。

相対的に言えば、GDPの全体構造に関して、GDPに占める米国の商品およびサービスの輸出の割合は、2019年に13%であり、輸入品およびサービスの割合は18%でした。純輸出は、-5%の貿易赤字となりました。個人消費はGDPの70%を占め、そのうち25%が商品消費、45%がサービス消費です。事業投資は18%を占めています。政府支出は17%です。

米国経済の際立った特徴は、技術的に高度に発達したサービス部門であり、全体として総生産量の約80%を占めています。米国経済は、テクノロジー、金融、健康、小売のサービス指向の企業によって支配されています。米国ではサービス部門が最大の推進力となっていますが依然として、製造業が重要な基盤であり、生産高の約15%を占めています。米国は世界第2位の製造国であり、自動車、宇宙航空、通信、医薬品などのハイエンド製造業で世界をけん引しています。農業は総生産量の2%しか占めていませんが、米国は依然として世界最大の農産物輸出国です。

イスラエル新シェケル - ILS

イスラエル新シェケルは、イスラエルの法定通貨であり、パレスチナの通貨でもあります。国際コードはILSで、1新シェケルは100アゴラに相当します。新シェケルはヘブライ語で" ש " ח "で、イスラエル国際銀行が発行しています。国際決済銀行の統計によると、2019年4月、NISの1日平均外国為替取引高は、世界の1日の平均外国為替取引高の0.3%を占め、世界第28位でした。

イスラエル新シェケルの歴史

1948年5月14日、イスラエルが正式に建国されましたが、このときはまだパレスチナポンドを使用していました。1952年、イスラエルは通貨名をイスラエルポンドに変更し、1980年までこれを使用しました。1980年2月24日、イスラエルポンドはシェケルに取って代わりました。1985年、イスラエルは(旧)シェケルを「新シェケル」に置き換え、現在に至っています。2003年1月1日から、新シェケルは自由に交換可能な通貨になりました。2006年5月7日、NISで取引されているデリバティブがシカゴ商品取引所で取引できるようになりました。

イスラエルの経済と政治

イスラエル経済は、過去数年間、経済協力開発機構の上位国の1つです。イスラエル経済は、高度技術を持った多様化経済です。2019年のイスラエルの名目GDPは3,946億5000万ドルで、世界の総GDPの0.457%を占め、世界33位にランクされました。2016年以来、イスラエルのGDP成長率は3%を超えています。2020年第2四半期、イスラエルのGDPは年率換算で8.2%で、2000年以来の低水準でした。2019年、農業のGDPに占める割合は1.1%でした。また、工業が19.4%、サービス業が69.8%となっています。

国内市場が限られているため、対外貿易はイスラエル経済において重要な役割を果たしています。2018年は輸出品とサービス業がGDPの29.45%を占めました。2018年の総輸出量のうち、ハイテク製品とサービスが46%を占めました。このハイテク製品とサービスのうち、ソフトウェアと研究開発技術が63%を占めました。航空技術、電子技術、通信、ソフトウェア、バイオテクノロジーなどの高度な新技術は、イスラエルのGDP全体の40%を占めています。2018年、輸出国のうち、米国が32.1%、中国が8.72%、パレスチナが5.13%でした。輸出品では、ダイヤモンドが18.1%を占め、次いでパッケージ医薬品が6.85%、集積回路が4.46%となっています。輸入品では、原油が9.43%、ダイヤモンドが8.82%でした。

イスラエル政治の最大の不安は、パレスチナとの関係です。イスラエルとボレスタンは長い間、摩擦、紛争、戦争状態にありました。2014年、パレスチナとイスラエルの間で軍事紛争が勃発し、2018年5月には両者の間で別の軍事衝突が発生しました。2020年、イスラエル軍とパレスチナのイスラム抵抗運動との間に緊張が高まり、新たな紛争にまで発展しました。イスラエルとパレスチナの紛争には長い歴史があり、土地や宗教などをめぐって複雑な争いが繰り広げられています。双方の間で継続的に起こる紛争は、イスラエルにとって最大の不安要因となっています。

USD/ISLの価格履歴

経済が安定して発展しているため、長期的には、イスラエル新シェケルは上昇傾向を示しています。2010年のデータでは、新シェケルは2012年8月以降、他のすべての主要通貨に対して上昇しており、この上昇傾向は2020年も続いています。2010年1月から2020年11月まで、新シェケルは対スイスフランで4.25%高となったことを除けば、新シェケルは、対米ドル以外の他の7主流通貨に対し上昇しています。対米ドルでは上昇率が10.41%ですが、他の通貨に対しては20%以上です。

USD/ILSのトレード方法

要約すると、イスラエル新シェケルのトレードに関する特徴は、ハイテク産業がイスラエル経済の最大の原動力となっており、ダイヤモンドが最大の輸出製品であるということです。イスラエルの輸入に関しては原油が商品として最大の割合を占めています。国際原油価格はイスラエス新シェケルに大きな影響を与えます。イスラエル最大の輸出国である米国の経済と貿易政策も、イスラエル新シェケルに影響を与える重要な要素です。地政学、特にイスラエルとパレスチナの紛争は、市場のボラティリティを左右する傾向にあります。FOREX.comでは、米ドル/イスラエル新シェケルをトレードできます。トレーダーは、専用トレードツールを使用して、取引を実行できます。

ピボットポイント

  • ピボットポイント
  • 乖離値

    乖離値

    乖離値” とはピボットポイントとビッド価格との差を示しており、原則的にアスク価格からピボットポイント分を差し引くことで算出されます。

  • ビッド
  • アスク

日足

高値
安値
終値
R3
R2
R1
S1
S2
S3

週足

高値
安値
終値
R3
R2
R1
S1
S2
S3

月足

高値
安値
終値
R3
R2
R1
S1
S2
S3