USD/THB 米ドル・タイバーツ

高値 安値 前日比 % 前日比
可能性が、信頼のパートナーとともに、開いていく。

米ドル - USD

米ドル(英語: USD; ISO 4217 コード: USD)は、(米国)連邦準備制度理事会による通貨であり、預金義務としての米国の公式通貨です。米ドルは1792年に貨幣法が可決されたことにより誕生しました。米ドルは同時に、米国以外の国でも準備通貨として広く使用されています。現在の米ドルの発行は、米国連邦準備制度理事会によって管理されています。国際決済機構による2019年4月の調査によると、米ドルは世界の外国為替市場を支配しており、(米ドルを含む)世界の通貨ペア取引量の88%を占めています。

米国経済

2019年の米国の名目GDP総額は21兆4,332億3,000ドルで、世界第1位です。世界のGDPの24.8%を占め、1人当たりのGDPは世界第5位です。GDPの構成では、金融、保険、不動産およびリース産業がGDP全体の21%、専門およびビジネスサービスが12.8%、政府支出が12.3%、製造業が11%、教育サービス・健康およびそれに関連するサポートが8.8%、卸売・小売業が11.5%、情報産業が5.2%を占めています。

相対的に言えば、GDPの全体構造に関して、GDPに占める米国の商品およびサービスの輸出の割合は、2019年に13%であり、輸入品およびサービスの割合は18%でした。純輸出は、-5%の貿易赤字となりました。個人消費はGDPの70%を占め、そのうち25%が商品消費、45%がサービス消費です。事業投資は18%を占めています。政府支出は17%です。

米国経済の際立った特徴は、技術的に高度に発達したサービス部門であり、全体として総生産量の約80%を占めています。米国経済は、テクノロジー、金融、健康、小売のサービス指向の企業によって支配されています。米国ではサービス部門が最大の推進力となっていますが依然として、製造業が重要な基盤であり、生産高の約15%を占めています。米国は世界第2位の製造国であり、自動車、宇宙航空、通信、医薬品などのハイエンド製造業で世界をけん引しています。農業は総生産量の2%しか占めていませんが、米国は依然として世界最大の農産物輸出国です。

タイバーツ - THB

タイバーツはタイの公式通貨で、記号は ฿ 、国際コードは THBです。タイバーツはタイ銀行 (タイ中央銀行)によって発行され、1バーツは100サタンに相当します。1940年以前はタイの通貨はティカルでしたが、後にバーツに変更されました。1998年1月、タイバーツは変動相場制に切り替わりました。2019年4月、タイバーツの1日平均外国為替取引高は、1日の世界平均外国為替取引高の0.5%を占めています。これは世界の通貨の中で第24位です。

タイの経済と政治

2019年のタイの名目GDPは5,435億6,000万米ドルで、世界の総GDPの0.607%を占め、第25位にランクされています。2016年から2019年までの4年間で、タイのGDP成長率は主要8か国のGDP成長率を完全に上回り始めました。同時に、タイのGDP成長率もアジア諸国の中でトップとなっています。

タイ経済の2本柱は輸出と観光です。そのうち商品とサービスの輸出がGDPの59.74%を占めています。貿易相手国は、米国が13%、中国が12%、日本が10%です。輸入に関しては中国が22%、日本が14%、米国が7.7%です。米中貿易戦争の影響でタイの輸出は伸び悩み、2018年第3四半期からマイナスに転じています。2019年第2四半期には、輸出は7.9%減少しました。このような輸出の縮小も経済全体の足を引っ張っています。

2019年、タイの観光産業はGDPの21.87%を占めました。2010年以降、GDPに占める観光の割合は急速に伸びています。GDPに占める観光の割合は増加しているのですが、観光の成長率には大きな変動が見られます。タイの政治情勢と社会の安定は、観光の成長に影響を与える大きな要因の1つです。

タイは、軍事クーデターとデモが世界で最も多い国の1つです。2013年8月、タイの反政府活動家が半年間にわたって反政府デモを行いました。それ以来、タイは政治的混乱期に突入しました。その後数か月間、多くの暴力的な衝突が発生し、20人以上が死亡、700人以上が負傷しました。2014年5月22日、タイ軍が直接権力を握りました。2020年7月18日、タイでは2014年のクーデター以来最大の街頭デモが行われました。この抗議行動は2020年11月まで断続的に国内に広がりました。途切れることのないデモと頻繁な軍事クーデターにより、タイは深刻な政治的、社会的、経済的な影響を受けています。その最も直接的な影響は観光業への打撃であり、タイの観光業の成長率が大きく変動する理由の1つとなっています。

USD/THBのトレード方法

タイの経済発展は、輸出と観光への影響が大きいタイバーツの価値に依存しています。2016年から2019年にかけてタイバーツは主要8通貨すべてに対して上昇しています。

その背後にある根本的な理由は、タイ経済の急速な成長です。トレーダーは、タイバーツをトレードする際に、タイに関する経済指標の発表に注意を払う必要があります。それにはFOREX.comのグローバル経済カレンダーを参照して、関連する経済指標の発表をチェックすることができます。タイ経済とバーツを脅かす最も重要な要因は政治不安です。頻繁な抗議行動や行進、複数のクーデター、政治家の頻繁な辞任などは、タイの社会、政治、経済に大きな影響を与えています。トレーダーは、タイバーツを取引する際に関連情報に注意を払い、時宜にかなったリスク管理を行う必要があります。

ピボットポイント

  • ピボットポイント
  • 乖離値

    乖離値

    乖離値” とはピボットポイントとビッド価格との差を示しており、原則的にアスク価格からピボットポイント分を差し引くことで算出されます。

  • ビッド
  • アスク

日足

高値
安値
終値
R3
R2
R1
S1
S2
S3

週足

高値
安値
終値
R3
R2
R1
S1
S2
S3

月足

高値
安値
終値
R3
R2
R1
S1
S2
S3