本日の海外市場ではユーロドルはもみ合い、ドル円は値幅を伴った荒い値動き- 海外マーケットの見通し

Article By フィナンシャルアナリスト

【海外Market見通し】

本日の海外市場では、ユーロドルはもみ合いとなっています。アジア時間はドル円中心の相場展開となったこともあり、1.0779ドルから1.0801ドルの狭いレンジにとどまりました。市場参加者からは「昨日安値の1.0755ドルが目先の下値目処」との声も聞かれています。ドル円は「一目均衡表転換線が位置する145.27円が戻りの目処」として意識されています。今日の経済指標では、16時に11月独CPI改定値が発表されます。1635分にはミュラーエストニア中銀総裁が講演します。2230分には79月期カナダ設備稼働率、11月米雇用統計が予定されています。また、24時には12月米ミシガン大消費者態度指数速報値が公表されます。

 

【アジアMarket概況】

本日の東京市場では、ドル円は値幅を伴った荒い値動きとなりました。朝方は79月期GDP改定値が予想を下回る弱い数字となったことから一時144.32円まで値を上げる場面もみられましたが、仲値に向けては輸出勢の売りが目立つと下落。一時142.50円まで売り込まれました。下値では200MA142.34円が意識されたほか、実需の買いも散見されると次第に下値を切り上げる展開に。一時144.21円まで買戻されるなど、全般不安定な動きが繰り返されています。日経平均は寄付きから大幅な下落。引けにかけては下げ幅を縮めたものの、結局、550.45円安で週末の取引を終えています。


フォレックス・ドットコムでは、ノックアウトオプション、FX、株価指数CFDを取引いただけます。
口座開設は以下のステップで行えます。

  1. 口座開設ページでご自身に最適なFOREX.com口座を選択
  2. 必要書類のアップロードとともに口座開設のお申込み
  3. 取引プラットフォームにログインしてお取引開始


本レポートに記載されている情報や見解は、一般的な情報としての使用のみを目的としたものであり、FX、CFD、その他あらゆる金融商品の購入や売却に関する勧誘や依頼の意図は全くありません。本文書に記載されている見解や情報は、予告や通知なく変更されることがあります。本文書は、特定の投資目的や背景、特定の受領者の意思などに沿って書かれ配布されたものではありません。本文書内で引用・言及されている過去の価格データは、当社独自の調査や分析に基づいており、当社はそのデータの提供元やそのデータそのものの信頼性につき、いかなる保証もせず、また筆者や訳者、各国の支社・ 支店も、本文書の内容の正確性や完全性についても一切保証しません。本文書の内容に基づく直接または間接の損失、そして本文書を信頼したことにより生じた損失についても、当社は一切その責を負いません。

ライブ口座は、最短5分でお申込みが可能

ウェブ版

洗練されたウェブ版には、多くの役立つ機能が搭載されています。
経済指標カレンダー