自動売買ロジック一覧

世界のトレーダーから認めたヴァントレProの自動売買システム。なんとその数104種類!ヴァントレの口座開設ですべて利用可能です。

シグナル名

概要

アルーン・オシレーター クロスシグナル

アルーン・オシレーター クロスシグナル

使用インジケーター

アルーン・オシレーター【ヒストグラム】
ゼロ(0)ライン【黒点線】

売買シグナル

買い アルーン・オシレーターがゼロ(0)ラインを上抜けた時

売り  アルーン・オシレーターがゼロ(0)ラインを下抜けた時

システムについて

アルーン・オシレーターを使用して取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

バランス・オブ・パワー クロスシグナル

バランス・オブ・パワー クロスシグナル

使用インジケーター

バランス・オブ・パワー【ヒストグラム】
ゼロ(0)ライン【黒点線】

売買シグナル

買い バランス・オブ・パワーがゼロ(0)ラインを上抜けた時

売り  バランス・オブ・パワーがゼロ(0)ラインを下抜けた時

システムについて

バランス・オブ・パワーインジケーターを使用して取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

ボリンジャー・バンド ブレークアウトシグナル

ボリンジャー・バンド ブレークアウトシグナル

使用インジケーター

ボリンジャー・バンド
・上バンド【緑線(上部)】
・下バンド【緑線(下部)】

売買シグナル

買い 価格が上バンドを上抜けた時
・パラメータ設定で【Require Price Confirmation of Breakout】をYesにした場合は、通常の条件+【条件に達した後のロウソク足2本のどちらかの終値】が【条件に達したロウソク足の高値】を超えた時、売買シグナルが表示されます。

売り  価格が下バンドを下抜けた時
・パラメータ設定で【Require Price Confirmation of Breakout】をYesにした場合は、通常の条件+【条件に達した後のロウソク足2本のどちらかの終値】が【条件に達したロウソク足の安値】を超えた時、売買シグナルが表示されます。

システムについて

ボリンジャー・バンドを使用して取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

注意:このトレーディングシステムはパラメータ設定の【Method for Generating Signals】でシグナルの表示方法を【Alert_for_ALL_Signals】(全てのシグナルを表示)と【Always_in_the_Market】(ドテン方式)から選択できますが、どちらの表示方法でも自動売買モードでの売買は【Always_in_the_Market】(ドテン方式)を基に行われます。

ボリンジャー・バンド リバーサルシグナル

ボリンジャー・バンド リバーサルシグナル

使用インジケーター

ボリンジャー・バンド
・上バンド【緑線(上部)】
・下バンド【緑線(下部)】

売買シグナル

買い ロウソク足が以下のBar Formation 1 もしくはBar Formation 2 の条件を満たした時
Bar Formation 1 :
【終値>始値】、【終値>下バンド】、【安値<=下バンド】の全ての条件が揃う時
Bar Formation 2 :
【終値>始値】、【終値>下バンド】、【終値>1つ前のロウソク足の始値】、【1つ前のロウソク足の終値<1つ前のロウソク足の始値】、【1つ前のロウソク足の安値<=1つ前のロウソク足の下バンド】の全ての条件が揃う時

売り  ロウソク足が以下のBar Formation 1 もしくはBar Formation 2 の条件を満たした時
Bar Formation 1 :
【終値<始値】、【終値<上バンド】、【高値>=上バンド】の全ての条件が揃う時
Bar Formation 2 :
【終値<始値】、【終値<上バンド】、【終値<1つ前のロウソク足の始値】、【1つ前のロウソク足の終値>1つ前のロウソク足の始値】、【1つ前のロウソク足の高値>=1つ前のロウソク足の上バンド】の全ての条件が揃う時

システムについて

ボリンジャー・バンドを使用して取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

注意:このトレーディングシステムはパラメータ設定の【Method for Generating Signals】でシグナルの表示方法を【Alert_for_ALL_Signals】(全てのシグナルを表示)と【Always_in_the_Market】(ドテン方式)から選択できますが、どちらの表示方法でも自動売買モードでの売買は【Always_in_the_Market】(ドテン方式)を基に行われます。

ブル/ベア平均足 リバーサルシグナル

ブル/ベア平均足 リバーサルシグナル

使用インジケーター

売買シグナル

買い 平均足がブル(陽線※)の時
※陽線:終値が始値より高い場合

売り  平均足がベア(陰線※)の時
※陰線:終値が始値より低い場合

パラメータ設定でシグナルが発生するまでに必要なブル/ベアの平均足の数を設定できます。

システムについて

平均足を使用して取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

注意:このトレーディングシステムはパラメータ設定の【Method for Generating Signals】でシグナルの表示方法を【Alert_for_ALL_Signals】(全てのシグナルを表示)と【Always_in_the_Market】(ドテン方式)から選択できますが、どちらの表示方法でも自動売買モードでの売買は【Always_in_the_Market】(ドテン方式)を基に行われます。

ブル/ベア ローソク足 リバーサルシグナル

ブル/ベアローソク足 リバーサルシグナル

使用インジケーター

ロウソク足

売買シグナル

買い ロウソク足がブル(陽線※)の時
※陽線:終値が始値より高い場合

売り  ロウソク足がベア(陰線※)の時
※陰線:終値が始値より低い場合

パラメータ設定でシグナルが発生するまでに必要なブル/ベアの平均足の数を設定できます。

システムについて

ロウソク足を使用して取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

注意:このトレーディングシステムはパラメータ設定の【Method for Generating Signals】でシグナルの表示方法を【Alert_for_ALL_Signals】(全てのシグナルを表示)と【Always_in_the_Market】(ドテン方式)から選択できますが、どちらの表示方法でも自動売買モードでの売買は【Always_in_the_Market】(ドテン方式)を基に行われます。

シャンデ・ダイナミック・モメンタム・インデックス クロスシグナル

シャンデ・ダイナミック・モメンタム・インデックス クロスシグナル

使用インジケーター

シャンデ・ダイナミック・モメンタム・インデックス(シャンデDMI)【青線】
ロングエントリーレベル【青点線※】(変更可能)、初期値50
ショートエントリーレベル【青点線※】(変更可能)、初期値50
※デフォルトではロングエントリーレベルとショートエントリーレベルは中間レベルと重なっているため、1本の【グレー点線】として表示されています。

売買シグナル

買い シャンデDMIがロングエントリーレベルを上抜けた時

売り  シャンデDMIがショートエントリーレベルを下抜けた時

システムについて

シャンデ・ダイナミック・モメンタム・インデックスを使用して取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

注意:このトレーディングシステムはパラメータ設定の【Method for Generating Signals】でシグナルの表示方法を【Alert_for_ALL_Signals】(全てのシグナルを表示)と【Always_in_the_Market】(ドテン方式)から選択できますが、どちらの表示方法でも自動売買モードでの売買は【Always_in_the_Market】(ドテン方式)を基に行われます。

シャンデ・ダイナミック・モメンタム・インデックス リバーサルシグナル

シャンデ・ダイナミック・モメンタム・インデックス リバーサルシグナル

使用インジケーター

シャンデ・ダイナミック・モメンタム・インデックス(シャンデDMI)【青線】
買われ過ぎレベル【赤点線(上部)】(変更可能)、初期値70
中間レベル【グレー点線】
売られ過ぎレベル【赤点線(下部)】(変更可能)、初期値30

売買シグナル

買い シャンデDMIが売られ過ぎレベルを上抜けた時
買いの仕切り(エグジット) シャンデDMIが買われ過ぎレベル、または売られ過ぎレベルを下抜けた時

売り  シャンデDMIが買われ過ぎレベルを下抜けた時
売りの仕切り(エグジット) シャンデDMIが売られ過ぎレベル、または買われ過ぎレベルを上抜けた時

システムについて

シャンデ・ダイナミック・モメンタム・インデックスを使用して取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

シャンデ・Qスティック クロスシグナル

シャンデ・Qスティック  クロスシグナル

使用インジケーター

シャンデ・Qスティック【緑と赤のヒストグラム】
ゼロ(0)ライン【黒点線】

売買シグナル

買い シャンデ・Qスティックがゼロ(0)ラインを上抜けた時

売り  シャンデ・Qスティックがゼロ(0)ラインを下抜けた時

システムについて

シャンデ・Qスティックインジケーターを使用して取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

シャンデ ・トレンドモメンタムシグナル

シャンデ・トレンドモメンタムシグナル

使用インジケーター

シャンデ・モメンタム・オシレーター(CMO)【青線】
買われ過ぎレベル【赤点線(上部)】(変更可能)、初期値+50
売られ過ぎレベル【赤点線(下部)】(変更可能)、初期値-50
ロングエントリーレベル【黒点線(上部)】(変更可能)、初期値+10
ショートエントリーレベル【黒点線(下部)】(変更可能)、初期値-10

売買シグナル

買い CMOがロングエントリーレベルを上抜けた時
買いの仕切り(エグジット) CMOが買われ過ぎレベル、もしくはショートエントリーレベルを下抜けた時

売り  CMOがショートエントリーレベルを下抜けた時
売りの仕切り(エグジット) CMOが売られ過ぎレベル、もしくはロングエントリーレベルを上抜けた時

システムについて

シャンデ・モメンタム・オシレーターを使用して取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

シャンデ・トレンドスコア トレンドサーフィンシグナル

シャンデ・トレンドスコアトレンドサーフィンシグナル

使用インジケーター

シャンデ・トレンドスコア【緑線】
ゼロ(0)ライン【黒点線】

売買シグナル

買い シャンデ・トレンドスコアが2期間続けて+10になった時
買いの仕切り(エグジット) シャンデ・トレンドスコアがゼロ(0)ラインを下抜けた時

売り  シャンデ・トレンドスコアが2期間続けて-10になった時
売りの仕切り(エグジット) シャンデ・トレンドスコアがゼロ(0)ラインを上抜けた時

システムについて

シャンデ・トレンドスコアインジケーターを使用して取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

シャンデVIDYA クロスシグナル

シャンデVIDYA クロスシグナル

使用インジケーター

短期VIDYA【青線】
長期VIDYA【赤線】

売買シグナル

買い 短期VIDYAが長期VIDYAを上抜けた時

売り  短期VIDYAが長期VIDYAを下抜けた時

システムについて

短期と長期のシャンデVIDYA(バリアブル・インデックスダイナミック・アベレージ)を使用して取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

カオス・アクセラレーター・オシレーター クロスシグナル

カオス・アクセラレーター・オシレーター クロスシグナル

使用インジケーター

カオス・アクセラレーター・オシレーター【赤と緑のヒストグラム】
ゼロ(0)ライン【黒点線】

売買シグナル

買い カオス・アクセラレーター・オシレーターがゼロを上抜けた時

売り  カオス・アクセラレーター・オシレーターがゼロを下抜けた時

システムについて

カオス・アクセラレーター・オシレーターを使用して取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

カオス・アクセラレーター・オシレーター リバーサルシグナル

カオス・アクセラレーター・オシレーター リバーサルシグナル

使用インジケーター

カオス・アクセラレーター・オシレーター【赤と緑のヒストグラム】

売買シグナル

買い カオス・アクセラレーター・オシレーターが上昇した時
(現在のカオス・アクセラレーター・オシレーターの値が前の値より高くなった時)

売り  カオス・アクセラレーター・オシレーターが下降した時
(現在のカオス・アクセラレーター・オシレーターの値が前の値より低くなった時)

システムについて

カオス・アクセラレーター・オシレーターを使用して取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

カオス・オーサム・オシレーター リバーサルシグナル

カオス・オーサム・オシレーター リバーサルシグナル

使用インジケーター

カオス・オーサム・オシレーター【赤と緑のヒストグラム】

売買シグナル

買い カオス・オーサム・オシレーターが上昇した時

売り  カオス・オーサム・オシレーターが下降した時

オーサム

システムについて

カオス・オーサム・オシレーターを使用して取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

カオス・オーサム・オシレーター/シグナルライン クロスシグナル

カオス・オーサム・オシレーター/シグナルライン クロスシグナル

使用インジケーター

カオス・オーサム・オシレーター【赤と緑のヒストグラム】
カオス・オーサム・オシレーターシグナルライン【青点線】

売買シグナル

買い カオス・オーサム・オシレーターがシグナルラインを上抜けた時

売り  カオス・オーサム・オシレーターがシグナルラインを下抜けた時

システムについて

カオス・オーサム・オシレーターを使用して取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

カオス・オーサム・オシレーター/ゼロ クロスシグナル

カオス・オーサム・オシレーター/ゼロ クロスシグナル

使用インジケーター

カオス・オーサム・オシレーター【赤と緑のヒストグラム】
ゼロ(0)ライン【黒点線】

買い カオス・オーサム・オシレーターがゼロ(0)ラインを上抜けた時

売り  カオス・オーサム・オシレーターがゼロ(0)ラインを下抜けた時

システムについて

カオス・オーサム・オシレーターを使用して取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

カオス・フラクタル ブレークアウトシグナル

カオス・フラクタル ブレークアウトシグナル

使用インジケーター

Up Fractal【青丸】:両側により低い高値を2つずつ持つ足(バー)
Down Fractal【赤丸】:両側により高い安値を2つずつ持つ足(バー)

売買シグナル

買い 終値が直近のUp Fractalを上抜けた時
・パラメータ設定で【Require Price Confirmation of Breakout】をYesにした場合は、通常の条件+【条件に達した後のロウソク足2本のどちらかの終値】が【条件に 達したロウソク足の高値】を超えた時、売買シグナルが表示されます。

売り  直近のDown Fractalを終値が下抜けた時
・パラメータ設定で【Require Price Confirmation of Breakout】をYesにした場合は、通常の条件+【条件に達した後のロウソク足2本のどちらかの終値】が【条件に達したロウソク足の安値】を超えた時、売買シグナルが表示されます。

システムについて

カオス・フラクタルインジケーターを使用して取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

注:このトレーディングシステムはパラメータ設定の【Method for Generating Signals】でシグナルの表示方法を【Alert_for_ALL_Signals】(全てのシグナルを表示)と【Always_in_the_Market】(ドテン方式)から選択できますが、どちらの表示方法でも自動売買モードでの売買は【Always_in_the_Market】(ドテン方式)を基に行われます。

カオス・フラクタル リバーサルシグナル

カオス・フラクタル リバーサルシグナル

使用インジケーター

Up Fractal【青丸】:両側により低い高値を2つずつ持つ足(バー)
Down Fractal【赤丸】:両側により高い安値を2つずつ持つ足(バー)

売買シグナル

買い 価格が新しいDown Fractalを形成した時

売り  価格が新しいUp Fractalを形成した時

システムについて

カオス・フラクタルインジケーターを使用して取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

注意:このトレーディングシステムはパラメータ設定の【Method for Generating Signals】でシグナルの表示方法を【Alert_for_ALL_Signals】(全てのシグナルを表示)と【Always_in_the_Market】(ドテン方式)から選択できますが、どちらの表示方法でも自動売買モードでの売買は【Always_in_the_Market】(ドテン方式)を基に行われます。

CCI 複合クロスシグナル

CCI 複合クロスシグナル

使用インジケーター

Commodity Channel Index System(CCI)【青線】
ゼロ(0)ライン【黒点線】
CCI+/-コントロールレベル【青点線】(変更可能)、初期値+40、-40
CCI+/-エクストリームレベル【赤点線】(変更可能)、初期値+100、-100

売買シグナル

買い CCI値が一度CCI+コントロールレベルを上抜け、その後下降しゼロ(0)ラインを下抜け、再び上昇しゼロ(0)ラインを上抜け、再度+コントロールレベルを上抜けた時
買いの仕切(エグジット) CCI値がCCI+エクストリームレベルを上抜け、その後下降し+コントロールレベルを下抜けた時。CCI値がCCI+エクストリームレベルまで上昇しなかった場合は、ゼロ(0)ラインを下抜けた時

売り  CCI値が一度CCI-コントロールレベルを下抜け、その後上昇しゼロ(0)ラインを上抜け、再び下降しゼロ(0)ラインを下抜け、再度-コントロールレベルを下抜けた時
売りの仕切(エグジット)  CCI値がCCI-エクストリームレベルを下抜け、その後-コントロールレベルを上抜けた時。CCI値がCCI-エクストリームレベルまで下降しなかった場合は、ゼロ(0)ラインまで上抜けた時

システムについて

コモディティ・チャネル・インデックス(CCI)インジケーターを使用して取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

CCI クロスシグナル

CCIクロスシグナル

使用インジケーター

Commodity Channel Index(CCI)【青線】
ロングエントリーレベル【青点線※】(変更可能)、初期値0
ショートエントリーレベル【青点線※】(変更可能)、初期値0
※デフォルトではロングエントリーレベルとショートエントリーレベルは中間レベルと重なっているため、1本の【黒点線】として表示されています。

売買シグナル

買い CCI値がロングエントリーレベルを上抜けた時

売り  CCI値がショートエントリーレベルを下抜けた時

システムについて

コモディティ・チャネル・インデックス(CCI)インジケーターを使用して取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

注:このトレーディングシステムはパラメータ設定の【Method for Generating Signals】でシグナルの表示方法を【Alert_for_ALL_Signals】(全てのシグナルを表示)と【Always_in_the_Market】(ドテン方式)から選択できますが、どちらの表示方法でも自動売買モードでの売買は【Always_in_the_Market】(ドテン方式)を基に行われます。

CCI リバーサルシグナル

CCI リバーサルシグナル

使用インジケーター

Commodity Channel Index System(CCI)【青線】
買われ過ぎレベル【赤点線(上部)】(変更可能)、初期値+100
売られ過ぎレベル【赤点線(下部)】(変更可能)、初期値-100

売買シグナル

買い CCI値が売られ過ぎレベルを上抜けた時
買いの仕切り(エグジット) CCI値が買われ過ぎレベルまたは売られ過ぎレベルを下抜けた時

売り  CCI値が買われ過ぎレベルを下抜いた時
売りの仕切り(エグジット)  CCI値が売られ過ぎレベルまたは買われ過ぎレベルを上抜けた時

システムについて

コモディティ・チャネル・インデックス(CCI)インジケーターを使用して取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

複合トレンドシグナル#1 (ファストMA/スローMA/RSI/MACD)

複合トレンドシグナル#1(ファストMA/スローMA/RSI/MACD)

使用インジケーター

2本の移動平均線(短期移動平均線【価格フレーム内青線】、長期移動平均線【価格フレーム内赤線】)
RSI【中段緑線】
MACD【下段赤線】
MACDシグナル【下段青線】

買い 以下の全ての状況がそろった時
・短期移動平均線が長期移動平均線よりも上に有る状態
・RSIが50以上の時
・MACDがMACDシグナルよりも上に有る状態

売り  以下の全ての状況がそろった時
・短期移動平均線が長期移動平均線よりも下に有る状態
・RSIが 50以下の時
・MACDがMACDシグナルよりも下に有る状態

システムについて

短期及び長期移動平均線、RSI、MACDのインジケーターを使用して取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

注:このトレーディングシステムはパラメータ設定の【Method for Generating Signals】でシグナルの表示方法を【Alert_for_ALL_Signals】(全てのシグナルを表示)と【Always_in_the_Market】(ドテン方式)から選択できますが、どちらの表示方法でも自動売買モードでの売買は【Always_in_the_Market】(ドテン方式)を基に行われます。

ダーヴァス・ボックス ブレークアウトシグナル

ダーヴァス・ボックス ブレークアウトシグナル

使用インジケーター

Top Darvas Box【青線】
Bottom Darvas Box【赤線】

売買シグナル

買い 価格がTop Darvas Boxを上抜けた時
・パラメータ設定で【Require Price Confirmation of Breakout】をYesにした場合は、通常の条件+【条件に達した後のロウソク足2本のどちらかの終値】が【条件に達したロウソク足の高値】を超えた時、売買シグナルが表示されます。

売り  価格がBottom Darvas Boxを下抜けた時
・パラメータ設定で【Require Price Confirmation of Breakout】をYesにした場合は、通常の条件+【条件に達した後のロウソク足2本のどちらかの終値】が【条件に達したロウソク足の安値】を超えた時、売買シグナルが表示されます。

システムについて

Darvas Boxを使用して取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

注:このトレーディングシステムはパラメータ設定の【Method for Generating Signals】でシグナルの表示方法を【Alert_for_ALL_Signals】(全てのシグナルを表示)と【Always_in_the_Market】(ドテン方式)から選択できますが、どちらの表示方法でも自動売買モードでの売買は【Always_in_the_Market】(ドテン方式)を基に行われます。

デトレンディッド・プライス・オシレーター クロスシグナル

デトレンディッド・プライス・オシレーター クロスシグナル

使用インジケーター

Detrended Price Oscillator (DPO) 【青線】
ゼロ(0)ライン【黒点線】

売買シグナル

買い DPOがゼロ(0)ラインを上抜けた時

売り  DPOがゼロ(0)ラインを下抜けた時

システムについて

デトレンディッド・プライス・オシレーターを使用して取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

DPOを使用した売買ポイントの判断には、このトレーディングシステムで使用している、0ラインの上抜け/下抜けの他、買いすぎレベル/売りすぎレベルを設定し、そのレベルの突き抜け/割り込みによって判断する方法や、DPOが下降トレンド中の戻し目にあり、価格が天井値付近にある時に売り、DPOが上昇トレンド中の押し目にあり、価格が底値付近にある時に買いと判断する方法等があります。

ディレクショナル・ムーブメント・インデックス クロスシグナル

ディレクショナル・ムーブメント・インデックス クロスシグナル

使用インジケーター

Directional Movement(方向性指数)+DI 【青線】
Directional Movement(方向性指数)-DI 【赤線】

売買シグナル

買い +DIが-DIを上抜けた時(GC時)

売り  +DIが-DIを下抜けた時(DC時)

システムについて

ディレクショナル・ムーブメント・インデックスのインジケーターを使用して取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

ディレクショナル・ムーブメント・インデックス "エクストリーム・ポイント・ルール" シグナル

ディレクショナル・ムーブメント・インデックス"エクストリーム・ポイント・ルール"シグナル

使用インジケーター

Directional Movement(方向性指数)+DI【青線】
Directional Movement(方向性指数)-DI【赤線】

買い +DIが-DIを上回っている状態で、+DIが-DIを上抜けた時のロウソク足の高値のレートより直近のロウソク足の終値が高くなった時
買いの仕切り(エグジット) +DIが-DIを下抜けた時

売り  +DIが-DIを下回っている状態で、+DIが-DIを下抜けた時のロウソク足の安値のレートより直近のロウソク足の終値が低くなった時
売りの仕切り(エグジット)  +DIが-DIを上抜けした時

システムについて

ディレクショナル・ムーブメント・インデックスインジケーターを使用して取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

ディスパリティ・インデックス クロスシグナル

ディスバリティ・インデックス クロスシグナル

使用インジケーター

Disparity Index【緑線】
ゼロ(0)ライン【黒点線】

売買シグナル

買い Disparity Indexがゼロ(0)ラインを上抜けた時

売り  Disparity Indexがゼロ(0)ラインを下抜けた時

システムについて

Disparity Indexのインジケーターを使用して取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

ディスパリティ・インデックス リバーサルシグナル

ディスバリティ・インデックス リバーサルシグナル

使用インジケーター

Disparity Index【緑線】
ゼロ(0)ライン【黒点線】
買われ過ぎレベル【赤点線(上部)】(変更可能)、初期値+0.5
売られ過ぎレベル【赤点線(下部)】(変更可能)、初期値-0.5

売買シグナル

買い Disparity Indexが売られ過ぎレベルを上抜けた時
買いの仕切り(エクジット) Disparity Indexが下記の3つのうちいずれかを超え、下抜けた時
・買われすぎレベル
・ゼロ(0)ライン
・売られ過ぎレベル

売り  Disparity Indexが買われ過ぎレベルを下抜けた時
売りの仕切り(エクジット)  Disparity Indexが下記の3つのうちいずれかを超え、上抜けた時
・売られすぎレベル
・ゼロ(0)ライン
・買われすぎレベル

システムについて

Disparity Indexのインジケーターを使用して取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

ドンチャン・チャネル ブレークアウトシグナル

ドンチャン・チャネル ブレークアウトシグナル

使用インジケーター

Upper Donchian Channel【青線】
Middle Donchian Channel【緑点線】
Lower Donchian Channel【赤線】

売買シグナル

買い 価格がUpper Donchian Channelを上抜けた時
・パラメータ設定で【Require Price Confirmation of Breakout】をYesにした場合は、通常の条件+【条件に達した後のロウソク足2本のどちらかの終値】が【条件に達したロウソク足の高値】を上回った時に売買シグナルが表示されます。

売り  価格がLower Donchian Channelを下抜けた時
・パラメータ設定で【Require Price Confirmation of Breakout】をYesにした場合は、通常の条件+【条件に達した後のロウソク足2本のどちらかの終値】が【条件に達したロウソク足の安値】を下回った時に売買シグナルが表示されます。

システムについて

Donchian Channelのインジケーターを使用して取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

注:このトレーディングシステムはパラメータ設定の【Method for Generating Signals】でシグナルの表示方法を【Alert_for_ALL_Signals】(全てのシグナルを表示)と【Always_in_the_Market】(ドテン方式)から選択できますが、どちらの表示方法でも自動売買モードでの売買は【Always_in_the_Market】(ドテン方式)を基に行われます。

二重指数移動平均線(DEMA) クロスシグナル

二重指数移動平均線(DEMA) クロスシグナル

使用インジケーター

短期DEMA【青線】
長期DEMA【オレンジ線】

売買シグナル

買い 短期DEMAが長期DEMAを上抜けた時

売り  短期DEMAが長期DEMAを下抜けた時

システムについて

Double Exponential Moving Averageのインジケーターを使用して取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

二本のDEMAによる、いわゆるゴールデンクロス、デッドクロスでの売買。

ダブル・ストキャスティクス・オシレーター クロスシグナル

ダブル・ストキャスティクス・オシレーター クロスシグナル

使用インジケーター

%K (DSO)【青線】
%D (DSO Signal)【青点線】

売買シグナル

買い %K (DSO) が%D (DSO Signal)を上抜けた時

売り  %K (DSO)が%D (DSO Signal)を下抜けた時

システムについて

Double Stochastic Oscillatorのインジケーターを使用し、%Kと%Dのクロスによって取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

ダブル・ストキャスティクス・オシレーター リバーサルクロスシグナル

ダブル・ストキャスティクス・オシレーター リバーサルクロスシグナル

使用インジケーター

%K (DSO)【青線】
%D (DSO Signal)【青点線】
買われ過ぎレベル【赤点線(上部)】(変更可能)、初期値80
売られ過ぎレベル【赤点線(下部)】(変更可能)、初期値20

売買シグナル

買い どちらも売られ過ぎレベルより下にある状態で、%K (DSO)が%D (DSO Signal)を上抜けた時
・パラメータ設定で【Require Bull Candle for Long Entry?】をYesにした場合、通常の条件+【ロウソク足が陽線(始値<終値)】である時、売買シグナルが表示されます。
買いの仕切り(エクジット) %K (DSO)が%D (DSO Signal)を下抜けた時

売り  どちらも買い過ぎレベルより上にある状態で、%K (DSO)が%D (DSO Signal)を下抜けた時
・パラメータ設定で【Require Bear Candle for Short Entry?】をYesにした場合、通常の条件+【ロウソク足が陰線(始値>終値)】である時、売買シグナルが表示されます。
売りの仕切り(エクジット)  %K (DSO)が%D (DSO Signal)を上抜けた時

システムについて

Double Stochastic Oscillatorのインジケーターを使用し、買われ過ぎレベル/売られ過ぎレベルと%Kと%Dのクロスの組合せによって取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

エーラーズ・フィッシャー・トランスフォーム クロスシグナル

エーラーズ・フィッシャー・トランスフォーム クロスシグナル

使用インジケーター

Fisherライン【赤線】
Fisherシグナルライン【黄色】

売買シグナル

買い Fisherラインが Fisherシグナルラインを上抜けた時

売り  FisherラインがFisherシグナルラインを下抜けた時

システムについて

Ehlers Fisher Transformを使用し、FisherラインとFisherシグナルラインのクロスによって取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

エーラーズ・ラゲール・RSI クロスシグナル

エーラーズ・ラゲール・RSI クロスシグナル

使用インジケーター

エーラーズ・ラゲール・RSI(LRSI)【緑線】
ロングエントリーレベル【青点線※】(変更可能)、初期値50
ショートエントリーレベル【青点線※】(変更可能)、初期値50
※デフォルトではロングエントリーレベルとショートエントリーレベルは買われ過ぎレベル、売られ過ぎレベルとそれぞれ重なっているため、【赤点線】として表示されています。

売買シグナル

買い LRSIがロングエントリーレベルを上抜けた時

売り  LRSIがショートエントリーレベルを下抜けた時

システムについて

エーラーズ・ラゲール・RSIを使用して取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

注:このトレーディングシステムはパラメータ設定の【Method for Generating Signals】でシグナルの表示方法を【Alert_for_ALL_Signals】(全てのシグナルを表示)と【Always_in_the_Market】(ドテン方式)から選択できますが、どちらの表示方法でも自動売買モードでの売買は【Always_in_the_Market】(ドテン方式)を基に行われます。

エーラーズ・ラゲール・RSI リバーサルシグナル

エーラーズ・ラゲール・RSI リバーサルシグナル

使用インジケーター

エーラーズ・ラゲール・RSI(LRSI)【緑線】
売られ過ぎレベル【赤点線(上部)】(変更可能)、初期値80
中間レベル【グレー点線】
買われ過ぎレベル【赤点線(下部)】(変更可能)、初期値20

売買シグナル

買い LRSIが売られ過ぎレベルを上抜けた時
買いの仕切り(エグジット) LRSIが買われ過ぎレベル、中間レベル、売られ過ぎレベルのいずれかを下抜けた時

売り  LRSIが買われ過ぎレベルを下抜けた時
売りの仕切り(エグジット)  LRSIが売られ過ぎレベル、中間レベル、買われ過ぎレベルのいずれかを上抜けた時

システムについて

エーラーズ・ラゲール・RSIを使用し、売られ過ぎ、中間、買われ過ぎレベルとのクロスによって取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

エーラーズ・MAMA/FAMA クロスシグナル

エーラーズ・MAMA/FAMA クロスシグナル

使用インジケーター

MESA Adaptive Moving Average (MAMA)【緑線】
Following Adaptive Moving Average (FAMA)【茶線】

売買シグナル

買い MAMAがFAMAを上抜けた時

売り  MAMAがFAMAを下抜けた時

システムについて

Ehlers MAMA (MESA Adaptive Moving Average)と Ehlers FAMA (Following Adaptive Moving Average) インジケーターを使用して取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

エーラーズ・レラティブ・ビガー・インデックス クロスシグナル

エーラーズ・レラティブ・ビガー・インデックス クロスシグナル

使用インジケーター

Ehlers Relative Vigor Index (RVI)【青線】
RVIシグナルライン【赤線】

売買シグナル

買い RVIがRVIシグナルラインを上抜けた時

売り  RVIがRVIシグナルラインを下抜けた時

システムについて

Ehlers Relative Vigor Indexを使用して取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

RVIとRVIのシグナルラインのクロス時が売買ポイント。

ギャン・ベーシック "スウィング・チャーティスト"シグナル

ギャン・ベーシック"スウィング・チャーティスト"シグナル

使用インジケーター

Gann HiLo Activator【青線】
Gann Swing Oscillator【紫線】
Gann Trend Oscillator【緑線】

売買シグナル

買い 下記の3つの条件を満たした時
・Gann Trend Oscillatorが+1
・Gann Swing Oscillatorが+1
・終値がGann HiLo Activatorを上抜け
買いの仕切り(エクジット) 終値がGann HiLo Activatorを下抜けた時

売り  下記の3つの条件を満たした時
・Gann Trend Oscillatorが-1
・Gann Swing Oscillatorが-1
・終値がGann HiLo Activatorを下抜け
売りの仕切り(エクジット)  終値がGann HiLo Activatorを上抜けた時

システムについて

Gann HiLo Activator、Gann Swing Oscillator、Gann Trend Oscillatorインジケーターを使用して取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

ハル移動平均線(HMA) クロスシグナル

ハル移動平均線(HMA) クロスシグナル

使用インジケーター

短期ハル移動平均線【青線】
長期ハル移動平均線【茶線】

売買シグナル

買い 短期ハル移動平均線が長期ハル移動平均線を上抜けた時

売り  短期ハル移動平均線が長期ハル移動平均線を下抜けた時

システムについて

短期と長期のハル移動平均線を使用し、短期ハルMAと長期ハルMAのクロスによって取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

一目均衡表 ストロングシグナル

一目均衡表 ストロングシグナル

使用インジケーター

転換線【赤線】
基準線【青線】
雲※【赤と水色の網の部分】

売買シグナル

買い 転換線と基準線が両方とも雲の上にある時に、転換線が基準線を上抜けた時
買いの仕切り(エグジット) 終値が上から雲に入り込んだ時

売り  転換線と基準線が両方とも雲の上にある時に、転換線が基準線を下抜けた時
売りの仕切り(エグジット)  終値が下から雲に入り込んだ時

システムについて

一目均衡表インジケーターを使用して取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

※雲=先行スパンA【青細線】と先行スパンB【黒細線】の間の空間

注:このトレーディングシステムはパラメータ設定の【Provide Ichimoku Weak/Medium Signals?】(補足のシグナルを表示しますか?)で【Yes】(補足のシグナルを表示する)又は【No】(補足のシグナルを表示しない)から選択できますが、どちらの表示方法でも自動売買モードでの売買は【No】(補足のシグナルを表示しない)のシグナルを基に行われます。

イナーシャ クロスシグナル

イナーシャ クロスシグナル

使用インジケーター

イナーシャ【緑線】
中間レベル【グレー点線】

売買シグナル

買い イナーシャが中間レベルを上抜けた時

売り  イナーシャが中間レベルを下抜けた時

システムについて

イナーシャを使用して取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

カウフマン適応型移動平均線(KAMA) クロスシグナル

カウフマン適応型移動平均線(KAMA) クロスシグナル

使用インジケーター

Fast KAMA【青線】
Slow KAMA【赤線】

売買シグナル

買い Fast KAMAが Slow KAMAを上抜けた時

売り  Slow KAMAがFast KAMAを下抜けた時

システムについて

カウフマン適応型移動平均を使用して取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

カウフマン効率レシオ 上昇/下降トレンドシグナル

カウフマン効率レシオ 上昇/下降トレンドシグナル

使用インジケーター

カウフマンの効率レシオ 【茶線】
Up Trend Threshold Level【赤点線(上部)】(変更可能)、初期値+30
ゼロ(0)ライン【黒点線】
Down Trend Threshold Level【赤点線(下部)】(変更可能)、初期値-30

売買シグナル

買い カウフマンの効率レシオがUp Trend Threshold Levelを上抜けた時
買いの仕切り(エクジット) 下記の3パターンから選択
・カウフマンの効率レシオがUp Trend Threshold Levelを下抜けた時
・カウフマンの効率レシオがゼロ(0)ラインを下抜けた時
・カウフマンの効率レシオがDown Trend Threshold Levelを下抜けた時

売り  カウフマンの効率レシオがDown Trend Threshold Levelを下抜けた時
売りの仕切り(エクジット)  下記の3パターンから選択
・カウフマンの効率レシオがUp Trend Threshold Levelを上抜けた時
・カウフマンの効率レシオがゼロ(0)ラインを上抜けた時
・カウフマンの効率レシオがDown Trend Threshold Levelを上抜けた時

システムについて

カウフマンの効率レシオを使用して取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

注:このトレーディングシステムはパラメータ設定の【Provide Supplemental Alert Signals?】(補足シグナルを表示しますか?)で【Yes】(補足シグナルを表示する)又は【No】(補足シグナルを表示しない)から選択できますが、どちらの表示方法でも自動売買モードでの売買は【No】(補足シグナルを表示しない)のシグナルを基に行われます。

ケルトナー・バンド ブレークアウトシグナル

ケルトナー・バンド ブレークアウトシグナル

使用インジケーター

ケルトナー・バンド
・上バンド【紫線(上部)】
・中央バンド【青点線】
・下バンド【紫線(下部)】

売買シグナル

買い 価格が上バンドを上抜けた時
・パラメータ設定で【Require Price Confirmation of Breakout】をYesにした場合は、通常の条件+【条件に達した後のロウソク足2本のどちらかの終値】が【条件に達したロウソク足の高値】を超えた時、売買シグナルが表示されます。

売り  価格が下バンドを下抜けた時
パラメータ設定で【Require Price Confirmation of Breakout】をYesにした場合は、通常の条件+【条件に達した後のロウソク足2本のどちらかの終値】が【条件に達したロウソク足の安値】を超えた時、売買シグナルが表示されます。

システムについて

ケルトナー・バンドを使用して、価格とバンドのクロスにより取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

ケルトナー・バンドは、ケルトナー・チャネルと形状が似ていますが、その算出方法が異なります。
・中央バンド⇒【指数移動平均線(EMA)】
・上バンド⇒【中央バンド+(n期間ATR 単純移動平均線(SMA))x ATR】
・下バンド⇒【中央バンド-(n期間ATR 単純移動平均線(SMA))x ATR】

注:このトレーディングシステムはパラメータ設定の【Method for Generating Signals】でシグナルの表示方法を【Alert_for_ALL_Signals】(全てのシグナルを表示)と【Always_in_the_Market】(ドテン方式)から選択できますが、どちらの表示方法でも自動売買モードでの売買は【Always_in_the_Market】(ドテン方式)を基に行われます。

ケルトナー・バンド リバーサルシグナル

ケルトナー・バンド リバーサルシグナル

使用インジケーター

ケルトナー・バンド
・上バンド【紫線(上部)】
・中央バンド【青点線】
・下バンド【紫線(下部)】

売買シグナル

買い Bar Formation 1 もしくはBar Formation 2 の条件の時
・Bar Formation 1:
【終値>始値】、【終値>下バンド】、【安値<=下バンド】の全ての条件が揃う時
・Bar Formation 2:
【終値>始値】、【終値>下バンド】、【終値>1つ前のロウソク足の始値】、【1つ前のロウソク足の終値<1つ前のロウソク足の始値】、【1つ前のロウソク足の安値<=1つ前のロウソク足の下バンド】の全ての条件が揃う時

売り  Bar Formation 1 もしくはBar Formation 2 の条件の時
・Bar Formation 1:
【終値<始値】、【終値<上バンド】、【高値>=上バンド】の全ての条件が揃う時
・Bar Formation 2:
【終値<始値】、【終値<上バンド】、【終値<1つ前のロウソク足の始値】、【1つ前のロウソク足の終値>1つ前のロウソク足の始値】、【1つ前のロウソク足の高値>=1つ前のロウソク足の上バンド】の全ての条件が揃う時

システムについて

ケルトナー・バンドを使用して、取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

ケルトナー・バンドは、ケルトナー・チャネルと形状が似ていますが、その算出方法が異なります。
・中央バンド⇒【指数移動平均線(EMA)】
・上バンド⇒【中央バンド+(n期間ATR 単純移動平均線(SMA))x ATR】
・下バンド⇒【中央バンド-(n期間ATR 単純移動平均線(SMA))x ATR】

注:このトレーディングシステムはパラメータ設定の【Method for Generating Signals】でシグナルの表示方法を【Alert_for_ALL_Signals】(全てのシグナルを表示)と【Always_in_the_Market】(ドテン方式)から選択できますが、どちらの表示方法でも自動売買モードでの売買は【Always_in_the_Market】(ドテン方式)を基に行われます。

ケルトナー・チャネル ブレークアウトシグナル

ケルトナー・チャネル ブレークアウトシグナル

使用インジケーター

ケルトナー・バンド
・上バンド【紫線(上部)】
・中央バンド【青点線】
・下バンド【紫線(下部)】

売買シグナル

買い 価格が上バンドを上抜けた時
・パラメータ設定で【Require Price Confirmation of Breakout】をYesにした場合は、通常の条件+【条件に達した後のロウソク足2本のどちらかの終値】が【条件に達したロウソク足の高値】を超えた時、売買シグナルが表示されます。

売り  価格が下バンドを下抜けた時
・パラメータ設定で【Require Price Confirmation of Breakout】をYesにした場合は、通常の条件+【条件に達した後のロウソク足2本のどちらかの終値】が【条件に達したロウソク足の安値】を超えた時、売買シグナルが表示されます。

システムについて

ケルトナー・チャネルを使用して、価格とバンドのクロスにより、取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

ケルトナー・チャネルは、ケルトナー・バンドと形状が似ていますが、その算出方法が異なります。
・中央バンド⇒【ティピカル・プライスn期間単純移動平均線(SMA)】
・上バンド⇒【中央バンド+高値n期間単純移動平均線(SMA)】
・下バンド⇒【中央バンド-安値n期間単純移動平均線(SMA)】

注:このトレーディングシステムはパラメータ設定の【Method for Generating Signals】でシグナルの表示方法を【Alert_for_ALL_Signals】(全てのシグナルを表示)と【Always_in_the_Market】(ドテン方式)から選択できますが、どちらの表示方法でも自動売買モードでの売買は【Always_in_the_Market】(ドテン方式)を基に行われます。

ケルトナー・チャネル リバーサルシグナル

ケルトナー・チャネル リバーサルシグナル

使用インジケーター

ケルトナー・バンド
・上バンド【紫線(上部)】
・中央バンド【青点線】
・下バンド【紫線(下部)】

売買シグナル

買い ロウソク足が以下のBar Formation 1もしくはBar Formation 2の条件を満たした時
・Bar Formation 1:
【終値>始値】、【終値>下バンド】、【安値<=下バンド】の全ての条件が揃う時
・Bar Formation 2:
【終値>始値】、【終値>下バンド】、【終値>1つ前のロウソク足の始値】、【1つ前のロウソク足の終値<1つ前のロウソク足の始値】、【1つ前のロウソク足の安値<=1つ前のロウソク足の下バンド】の全ての条件が揃う時

売り  ロウソク足が以下のBar Formation 1もしくはBar Formation 2の条件を満たした時
・Bar Formation 1:
【終値<始値】、【終値<上バンド】、【高値>=上バンド】の全ての条件が揃う時
・Bar Formation 2:
【終値<始値】、【終値<上バンド】、【終値<1つ前のロウソク足の始値】、【1つ前のロウソク足の終値>1つ前のロウソク足の始値】、【1つ前のロウソク足の高値>=1つ前のロウソク足の上バンド】の全ての条件が揃う時

システムについて

ケルトナー・チャネルを使用して、取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

ケルトナー・チャネルは、ケルトナー・バンドと形状が似ていますが、その算出方法が異なります。
・中央バンド⇒【ティピカル・プライスn期間単純移動平均線(SMA)】
・上バンド⇒【中央バンド+高値n期間単純移動平均線(SMA)】
・下バンド⇒【中央バンド-安値n期間単純移動平均線(SMA)】

注:このトレーディングシステムはパラメータ設定の【Method for Generating Signals】でシグナルの表示方法を【Alert_for_ALL_Signals】(全てのシグナルを表示)と【Always_in_the_Market】(ドテン方式)から選択できますが、どちらの表示方法でも自動売買モードでの売買は【Always_in_the_Market】(ドテン方式)を基に行われます。

カートシス クロスシグナル

カートシス クロスシグナル

使用インジケーター

カートシス【青線】
ゼロ(0)ライン【黒点線】

売買シグナル

買い カートシスがゼロ(0)ラインを上抜けた時

売り  カートシスがゼロ(0)ラインを下抜けた時

システムについて

カートシス・インジケーターを使用して取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

線形回帰 クロスシグナル

線形回帰 クロスシグナル

使用インジケーター

短期線形回帰【青線】
長期線形回帰【赤線】

売買シグナル

買い 短期線形回帰が長期線形回帰を上抜けた時

売り  短期線形回帰が長期線形回帰を下抜けた時

システムについて

短期線形回帰と長期線形回帰のクロスで取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

線形回帰 リバーサルシグナル

線形回帰 リバーサルシグナル

使用インジケーター

線形回帰インジケーター【赤と青の2色線】

売買シグナル

買い 線形回帰インジケーターが赤から青に変わった時

売り  線形回帰インジケーターが青から赤に変わった時

システムについて

線形回帰インジケーターを使用し、取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

線形回帰スロープ クロスシグナル

線形回帰スローブ クロスシグナル

使用インジケーター

線形回帰スロープ【赤と青のヒストグラム】
ロングエントリーレベル【青点線※】(変更可能)、初期値0
ショートエントリーレベル【青点線※】(変更可能)、初期値0
※デフォルトではロングエントリーレベルとショートエントリーレベルはゼロ(0)ラインと重なっているため、【黒点線】として表示されています。

売買シグナル

買い 線形回帰スロープがロングエントリーレベルを上抜けた時

売り  線形回帰スロープがショートエントリーレベルを下抜けた時

システムについて

線形回帰スロープを使用し、ロングエントリーレベルとショートエントリーレベルとのクロスによって取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

線形回帰スロープの結果が以前のロウソク足より上昇傾向にある場合には青色、下降傾向にある場合には赤色で、ヒストグラムによって0レベル挟んで上下に表示されます。

注:このトレーディングシステムはパラメータ設定の【Method for Generating Signals】でシグナルの表示方法を【Alert_for_ALL_Signals】(全てのシグナルを表示)と【Always_in_the_Market】(ドテン方式)から選択できますが、どちらの表示方法でも自動売買モードでの売買は【Always_in_the_Market】(ドテン方式)を基に行われます。

線形回帰スロープ ハイ/ロー・ブレークアウトシグナル

線形回帰スロープ ハイ/ロー・ブレークアウトシグナル

使用インジケーター

線形回帰スロープ【赤と青のヒストグラム】
最高値ライン【青点線】
最低値ライン【赤点線】

売買シグナル

買い 線形回帰スロープが過去n期間の最高値ラインを上回った時
・パラメータ設定で【Require Price Confirmation of Breakout】をYesにした場合は、通常の条件+【条件に達した後のロウソク足2本のどちらかの終値】が【条件に達したロウソク足の高値】を超えた時、売買シグナルが表示されます。

売り  線形回帰スロープが過去n期間の最低値ラインを下回った時
・パラメータ設定で【Require Price Confirmation of Breakout】をYesにした場合は、通常の条件+【条件に達した後のロウソク足2本のどちらかの終値】が【条件に達したロウソク足の安値】を超えた時、売買シグナルが表示されます。

システムについて

線形回帰スロープを使用して、取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

注:このトレーディングシステムはパラメータ設定の【Method for Generating Signals】でシグナルの表示方法を【Alert_for_ALL_Signals】(全てのシグナルを表示)と【Always_in_the_Market】(ドテン方式)から選択できますが、どちらの表示方法でも自動売買モードでの売買は【Always_in_the_Market】(ドテン方式)を基に行われます。

線形回帰スロープ トップ/ボトム・リバーサルシグナル

線形回帰スロープ トップ/ボトム・リバーサルシグナル

使用インジケーター

線形回帰スロープ【赤と青のヒストグラム】

売買シグナル

買い 線形回帰スロープが5本のロウソク足の谷型フラクタル※を形成した時
※谷型フラクタル:最低値のバーの両側により高い低値のバーが2つずつある状態

売り  線形回帰スロープが5本のロウソク足の山型フラクタル※を形成した時
※山型フラクタル:最高値のバーの両側により低い高値のバーが2つずつある状態

システムについて

線形回帰スロープを使用して取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

反転サイン:
ゼロ(0)ライン以下で形成された谷型フラクタル
ゼロ(0)ライン以上で形成された山型フラクタル

継続サイン:
ゼロ(0)ライン以上で形成されると谷型フラクタル
ゼロ(0)ライン以下で形成された山型フラクタル

注:このトレーディングシステムはパラメータ設定の【Method for Generating Signals】でシグナルの表示方法を【Alert_for_ALL_Signals】(全てのシグナルを表示)と【Always_in_the_Market】(ドテン方式)から選択できますが、どちらの表示方法でも自動売買モードでの売買は【Always_in_the_Market】(ドテン方式)を基に行われます。

MACDファストライン/シグナルライン クロスシグナル

MACDファストライン/シグナルライン クロスシグナル

使用インジケーター

MACD Fastライン【青線】
MACD シグナル【赤線】

売買シグナル

買い MACD FastラインがMACDシグナルを上抜けた時

売り  MACD FastラインがMACDシグナルを下抜けた時

システムについて

MACDインジケーターを使用し、MACD FastラインとMACDシグナルの交差で売買シグナルを発生させる取引システム。

MACDファストライン/ゼロ クロスシグナル

MACDファストライン/ゼロ クロスシグナル

使用インジケーター

MACD Fastライン【青線】
ゼロ(0)ライン【黒点線】

売買シグナル

買い MACD Fastラインがゼロ(0)ラインを上抜けた時

売り  MACD Fastラインがゼロ(0)ラインを下抜けた時

システムについて

MACDインジケーターを使用して取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

MACDヒストグラム ハイ/ロー・ブレークアウトシグナル

MACDヒストグラム ハイ/ロー・ブレークアウトシグナル

使用インジケーター

MACDヒストグラム【緑のヒストグラム】
MACDヒストグラム最高値ライン【青点線】
MACDヒストグラム最低値ライン【赤点線】

売買シグナル

買い MACDヒストグラムが、その過去n期間の最高値を上回った時。
・パラメータ設定で【Require Price Confirmation of Breakout】をYesにした場合は、通常の条件+【条件に達した後のロウソク足2本のどちらかの終値】が【条件に達したロウソク足の高値】を超えた時、売買シグナルが表示されます。

売り  MACDヒストグラムが、その過去n期間の最低値を下回った時。
・パラメータ設定で【Require Price Confirmation of Breakout】をYesにした場合は、通常の条件+【条件に達した後のロウソク足2本のどちらかの終値】が【条件に達したロウソク足の安値】を超えた時、売買シグナルが表示されます。

システムについて

MACDインジケーターを使用し、MACDヒストグラムのブレイクアウトによって売買を行うトレーディングシステム。

注:このトレーディングシステムはパラメータ設定の【Method for Generating Signals】でシグナルの表示方法を【Alert_for_ALL_Signals】(全てのシグナルを表示)と【Always_in_the_Market】(ドテン方式)から選択できますが、どちらの表示方法でも自動売買モードでの売買は【Always_in_the_Market】(ドテン方式)を基に行われます。

MACDヒストグラム トップ/ボトム・リバーサルシグナル

MACDヒストグラム トップ/ボトム・リバーサルシグナル

使用インジケーター

MACDヒストグラム【赤と青の棒グラフ】

売買シグナル

買い MACDヒストグラムが5本のバーの谷型フラクタルを形成した時(最低値のバーの両隣により低い値のバーが2本ずつある状態)。

売り  MACDヒストグラムが5本のバーの山型フラクタルを形成した時(最高値のバーの両隣により高い値のバーが2本ずつある状態)。

システムについて

MACDインジケーターを使用し、MACDのヒストグラムが谷型・山型のフラクタルを形成した時に売買シグナルを出します。
反転サイン:
ゼロ(0)ライン以下で形成された谷型フラクタル
ゼロ(0)ライン以上で形成された山型フラクタル

継続サイン:
ゼロ(0)ライン以上で形成された谷型フラクタル
ゼロ(0)ライン以下で形成された山型フラクタル
注:このトレーディングシステムはパラメータ設定の【Method for Generating Signals】でシグナルの表示方法を【Alert_for_ALL_Signals】(全てのシグナルを表示)と【Always_in_the_Market】(ドテン方式)から選択できますが、どちらの表示方法でも自動売買モードでの売買は【Always_in_the_Market】(ドテン方式)を基に行われます。

マクレラン・オシレーター クロスシグナル

マクラレン・オシレーター クロスシグナル

使用インジケーター

マクレラン・オシレーター【青ヒストグラム】
ゼロ(0)ライン【黒点線】

売買シグナル

買い マクレラン・オシレーターがゼロ(0)ラインを上抜けた時

売り  マクレラン・オシレーターがゼロ(0)ラインを下抜けた時

システムについて

マクレラン・オシレーターを使用し、ゼロ(0)ラインとのクロスによって取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

マクレラン・サメーション・インデックス クロスシグナル

マクラレン・サメーション・インデックス クロスシグナル

使用インジケーター

McClellan Summation Index【青のヒストグラム】
ゼロ(0)ライン【黒点線】

売買シグナル

買い McClellan Summation Indexがゼロ(0)ラインを上抜けた時

売り  McClellan Summation Indexがゼロ(0)ラインを下抜けた時

システムについて

McClellan Summation Indexを使用し、ゼロ(0)ラインとのクロスによって取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

マッギンリー・ダイナミック クロスシグナル

マッギンリー・ダイナミック クロスシグナル

使用インジケーター

Fast McGinley Dynamic【青線】
Slow McGinley Dynamic【茶線】

売買シグナル

買い Fast McGinley DynamicがSlow McGinley Dynamicを上抜けた時

売り  Fast McGinley DynamicがSlow McGinley Dynamicを下抜けた時

システムについて

McGinley Dynamicを使用し、Fast McGinley Dynamic(短期)とSlow McGinley Dynamic(長期)のクロスで取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

モメンタム クロスシグナル

モメンタム クロスシグナル

使用インジケーター

モメンタム【青線】
ゼロ(0)ライン【黒点線】

売買シグナル

買い モメンタムがゼロ(0)ラインを上抜けた時

売り  モメンタムがゼロ(0)ラインを下抜けた時

システムについて

モメンタムを使用し、モメンタムとゼロ(0)ラインとのクロスによって取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

エンベロープ ブレークアウトシグナル

エンベロープ ブレークアウトシグナル

使用インジケーター

エンベロープ
・上バンド【青線(上部)】
・下バンド【青線(下部)】

売買シグナル

買い 価格がエンベロープの上バンドを上抜けた時。
・パラメータ設定で【Require Price Confirmation of Breakout】をYesにした場合は、通常の条件+【条件に達した後のロウソク足2本のどちらかの終値】が【条件に達したロウソク足の高値】を上回った時、売買シグナルが表示されます。

売り  価格がエンベロープの下バンドを下抜けた時
・パラメータ設定で【Require Price Confirmation of Breakout】をYesにした場合は、通常の条件+【条件に達した後のロウソク足2本のどちらかの終値】が【条件に達したロウソク足の安値】を下回った時、売買シグナルが表示されます。

システムについて

エンベロープを使用して価格と上下バンドの交差により取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。エンベロープは、移動平均線の上下に同等率または同距離(Pips)のラインを引き、上下バンドを形成し、表示します。

注:このトレーディングシステムはパラメータ設定の【Method for Generating Signals】でシグナルの表示方法を【Alert_for_ALL_Signals】(全てのシグナルを表示)と【Always_in_the_Market】(ドテン方式)から選択できますが、どちらの表示方法でも自動売買モードでの売買は【Always_in_the_Market】(ドテン方式)を基に行われます。

エンベロープ リバーサルシグナル

エンベロープ リバーサルシグナル

使用インジケーター

エンベロープ
・上バンド【青線(上部)】
・下バンド【青線(下部)】

売買シグナル

買い ロウソク足が以下のBar Formation 1 もしくはBar Formation 2 の条件を満たした時
・Bar Formation 1:
【終値>始値】、【終値>下バンド】、【安値<=下バンド】の全ての条件が揃う時
・Bar Formation 2:
【終値>始値】、【終値>下バンド】、【終値>1つ前のロウソク足の始値】、【1つ前のロウソク足の終値<1つ前のロウソク足の始値】、【1つ前のロウソク足の安値<=1つ前のロウソク足の下バンド】の全ての条件が揃う時

売り ロウソク足が以下のBar Formation 1 もしくはBar Formation 2 の条件を満たした時
・Bar Formation 1:
【終値<始値】、【終値<上バンド】、【高値>=上バンド】の全ての条件が揃う時
・Bar Formation 2:
【終値<始値】、【終値<上バンド】、【終値<1つ前のロウソク足の始値】、【1つ前のロウソク足の終値>1つ前のロウソク足の始値】、【1つ前のロウソク足の高値>=1つ前のロウソク足の上バンドの全ての条件が揃う時】の全ての条件が揃う時

システムについて

エンベロープを使用して取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

注:このトレーディングシステムはパラメータ設定の【Method for Generating Signals】でシグナルの表示方法を【Alert_for_ALL_Signals】(全てのシグナルを表示)と【Always_in_the_Market】(ドテン方式)から選択できますが、どちらの表示方法でも自動売買モードでの売買は【Always_in_the_Market】(ドテン方式)を基に行われます。

移動平均線(MA) クロスシグナル

移動平均線(MA) クロスシグナル

使用インジケーター

短期移動平均線【青線】
長期移動平均線【赤線】

売買シグナル

買い 短期移動平均線が長期移動平均線を上抜けた時

売り 短期移動平均線が長期移動平均線を下抜けた時

システムについて

短期と長期の2本の移動平均線を使用して取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

移動平均線(MA) ダブルクロスシグナル

移動平均線(MA) ダブルクロスシグナル

使用インジケーター

短期移動平均線【青線】
中期移動平均線【赤線】
長期移動平均線【緑線】

売買シグナル

買い 終値が短期MAより上にあり、短期MA>中期MA>長期MAである時
買いの仕切り(エグジット) 短期MAが中期MAを下抜けた時

売り 終値が短期MAより下にあり、短期MA<中期MA<長期MAである時
売りの仕切り(エグジット) 短期MAが中期MAを上抜けた時

システムについて

短期、中期、長期の3本の移動平均線を使用し、終値が短期移動平均線の上にあるか下にあるか、また短期、中期、長期の移動平均線の位置関係によって売買シグナルを発生させるトレーディングシステムです。このトレーディングシステムはいわゆるドテン売買方式ではなく、建てたポジションを一度仕切った後次のポジションが立つシステムになります。

ムービング・スロープROC クロスシグナル

ムービング・スローブROC クロスシグナル

使用インジケーター

ムービング・スロープROC (MSROC)【紫線】
ゼロ(0)ライン【黒点線】

売買シグナル

買い MSROCがゼロ(0)ラインを上抜けた時

売り MSROCがゼロ(0)ラインを下抜けた時

システムについて

ムービング・スロープROCインジケーターを使用して取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

パラボリックSAR リバーサルシグナル

バラボリックSAR リバーサルシグナル

使用インジケーター

パラボリックSAR【青点線】

売買シグナル

買い 終値がパラボリックSARを上抜けた時

売り 終値がパラボリックSARを下抜けた時

システムについて

パラボリックSARを使用して取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

パーセンテージ・プライス・オシレーター・ヒストグラム ハイ/ロー・ブレークアウトシグナル

パーセンテージ・プライス・オシレーター・ヒストグラム ハイ/ロー・ブレークアウトシグナル

使用インジケーター

パーセンテージ・プライス・オシレーター(PPO)ヒストグラム【緑のヒストグラム】
過去n期間の最高値(HHV)【青点線】
過去n期間の最安値(LLV)【赤点線】

売買シグナル

買い PPOヒストグラムがHHVを上抜けた時
・パラメータ設定で【Require Price Confirmation of Breakout】をYesにした場合は、通常の条件+【条件に達した後のロウソク足2本のどちらかの終値】が【条件に達したロウソク足の高値】を超えた時、売買シグナルが表示されます。

売り  PPOヒストグラムがLLVを下抜けた時
・パラメータ設定で【Require Price Confirmation of Breakout】をYesにした場合は、通常の条件+【条件に達した後のロウソク足2本のどちらかの終値】が【条件に達したロウソク足の安値】を超えた時、売買シグナルが表示されます。

システムについて

パーセンテージ・プライス・オシレーターを使用して取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

注:このトレーディングシステムはパラメータ設定の【Method for Generating Signals】でシグナルの表示方法を【Alert_for_ALL_Signals】(全てのシグナルを表示)と【Always_in_the_Market】(ドテン方式)から選択できますが、どちらの表示方法でも自動売買モードでの売買は【Always_in_the_Market】(ドテン方式)を基に行われます。

パーセンテージ・プライス・オシレーター・ヒストグラム トップ/ボトム・リバーサルシグナル

パーセンテージ・プライス・オシレーター・ヒストグラム トップ/ボトム・リバーサルシグナル

使用インジケーター

パーセンテージ・プライス・オシレーター(PPO)ヒストグラム【青と茶のヒストグラム】

売買シグナル

買い PPOヒストグラムが5本のバーの谷型フラクタル※を形成した時
※谷型フラクタル:最低値のバーの両側により高い低値のバーが2つずつある状態

売り  PPOヒストグラムが5本のバーの山型フラクタル※を形成した時
※山型フラクタル:最高値のバーの両側により低い高値のバーが2つずつある状態

システムについて

パーセンテージ・プライス・オシレーターを使用して取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

反転サイン:
ゼロ(0)ライン以下で形成された谷型フラクタル
ゼロ(0)ライン以上で形成された山型フラクタル

継続サイン:
ゼロ(0)ライン以上で形成されると谷型フラクタル
ゼロ(0)ライン以下で形成された山型フラクタル

注:このトレーディングシステムはパラメータ設定の【Method for Generating Signals】でシグナルの表示方法を【Alert_for_ALL_Signals】(全てのシグナルを表示)と【Always_in_the_Market】(ドテン方式)から選択できますが、どちらの表示方法でも自動売買モードでの売買は【Always_in_the_Market】(ドテン方式)を基に行われます。

パーセンテージ・プライス・オシレーター/シグナルライン クロスシグナル

パーセンテージ・プライス・オシレーター/シグナルライン クロスシグナル

使用インジケーター

パーセンテージ・プライス・オシレーター(PPO)【青線】
PPOシグナルライン【茶線】

売買シグナル

買い PPOがPPOシグナルラインを上抜けた時

売り PPOがPPOシグナルラインを下抜けた時

システムについて

パーセンテージ・プライス・オシレーターを使用し、PPOとPPOシグナルラインのクロスによって取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

パーセンテージ・プライス・オシレーター/ゼロ クロスシグナル

パーセンテージ・プライス・オシレーター/ゼロ クロスシグナル

使用インジケーター

パーセンテージ・プライス・オシレーター(PPO)【青線】
ゼロ(0)ライン【黒点線】

売買シグナル

買い PPOがゼロ(0)ラインを上抜けた時

売り PPOがゼロ(0)ラインを下抜けた時

システムについて

パーセンテージ・プライス・オシレーターを使用し、PPOとゼロ(0)ラインのクロスによって取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

ポラライズド・フラクタル・エフィシエンシー クロスシグナル

ポラライズド・フラクタル・エフィシエンシー クロスシグナル

使用インジケーター

ポラライズド・フラクタル・エフィシェンシー(PFE)【青線】
ロングエントリーレベル【青点線※】(変更可能)、初期値0
ショートエントリーレベル【青点線※】(変更可能)、初期値0
※デフォルトではロングエントリーレベルとショートエントリーレベルの設定値が同一のため、 1本の【青点線】として表示されています。

売買シグナル

買い PFEがロングエントリーレベルを上抜けた時

売り  PFEがショートエントリーレベルを下抜けた時

システムについて

ポラライズ・フラクタル・エフィシェンシーを使用して取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

注:このトレーディングシステムはパラメータ設定の【Method for Generating Signals】でシグナルの表示方法を【Alert_for_ALL_Signals】(全てのシグナルを表示)と【Always_in_the_Market】(ドテン方式)から選択できますが、どちらの表示方法でも自動売買モードでの売買は【Always_in_the_Market】(ドテン方式)を基に行われます。

クオンティティブ・クオリティティブ・エスティメイション クロスシグナル

クオンティティブ・クオリティティブ・エスティメイション クロスシグナル

使用インジケーター

QQE平滑化RSI【青線】
QQE Fast ATR TL【青点線】
QQE Slow ATR TL【茶点線】

売買シグナル

買い 下記の3パターンから選択
・QQE平滑化RSIがQQE Fast ATR TLを上抜けた時
・QQE平滑化RSIがQQE Slow ATR TLを上抜けた時
・QQE Fast ATR TLがQQE Slow ATR TLを上抜けた時
買いの仕切り(エグジット) 下記の3パターンから選択
・QQE平滑化RSIがQQE Fast ATR TLを下抜けた時
・QQE平滑化RSIがQQE Slow ATR TLを下抜けた時
・QQE Fast ATR TLがQQE Slow ATR TLを下抜けた

売り  下記の3パターンから選択
・QQE平滑化RSIがQQE Fast ATR TLを下抜けた時
・QQE平滑化RSIがQQE Slow ATR TLを下抜けた時
・QQE Fast ATR TLがQQE Slow ATR TLを下抜けた時
売りの仕切り(エグジット)  下記の3パターンから選択
・QQE平滑化RSIがQQE Fast ATR TLを上抜けた時
・QQE平滑化RSIがQQE Slow ATR TLを上抜けた時
・QQE Fast ATR TLがQQE Slow ATR TLを上抜けた時

システムについて

QQEインジケーターを使用して取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

注:このトレーディングシステムはパラメータ設定の【Provide Supplemental Alert Signals?】(補足のシグナルを表示しますか?)で【Yes】(補足のシグナルを表示する)又は【No】(補足のシグナルを表示しない)から選択できますが、どちらの表示方法でも自動売買モードでの売買は【No】(補足のシグナルを表示しない)のシグナルを基に行われます。

レート・オブ・チェンジ クロスシグナル

レート・オブ・チェンジ クロスシグナル

使用インジケーター

レート・オブ・チェンジ(ROC)【紫線】
ゼロ(0)ライン【黒点線】

売買シグナル

買い レート・オブ・チェンジ(ROC)がゼロ(0)ラインを上抜けた時

売り  レート・オブ・チェンジ(ROC)がゼロ(0)ラインを下抜けた時

システムについて

レート・オブ・チェンジ(ROC)を使用し、ゼロ(0)ラインとのクロスによって取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

レート・オブ・チェンジは下記の式によって求められます。
ROCポイント=【現在価格-n期間前価格】
ROCパーセント=【((現在価格-n期間前価格)/ n期間前価格)×100】

RMI クロスシグナル

RMI クロスシグナル

使用インジケーター

リラティブ・モメンタム・インデックス(RMI)【緑線】
ロングエントリーレベル【青点線※】(変更可能)、初期値50
ショートエントリーレベル【青点線※】(変更可能)、初期値50
※デフォルトではロングエントリーレベルとショートエントリーレベルは中間レベルと重なっているため、1本の【グレー点線】として表示されています。

売買シグナル

買い RMIがロングエントリーレベルを上抜けた時

売り  RMIがショートエントリーレベルを下抜けた時

システムについて

リラティブ・モメンタム・インデックス(RMI)を使用して取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

注:このトレーディングシステムはパラメータ設定の【Method for Generating Signals】でシグナルの表示方法を【Alert_for_ALL_Signals】(全てのシグナルを表示)と【Always_in_the_Market】(ドテン方式)から選択できますが、どちらの表示方法でも自動売買モードでの売買は【Always_in_the_Market】(ドテン方式)を基に行われます。

RMI リバーサルシグナル

RMI リバーサルシグナル

使用インジケーター

リラティブ・モメンタム・インデックス(RMI)【緑線】
買われ過ぎレベル【赤点線(上部)】(変更可能)、初期値70
中間レベル【グレー点線】
売られ過ぎレベル【赤点線(下部)】(変更可能)、初期値30

売買シグナル

買い RMIが売られ過ぎレベルを上抜けた時
買いの仕切り(エグジット) RMIが買われ過ぎレベル、中間レベル、売られ過ぎレベルのいずれかを超えた後、下抜けた時

売り  RMIが買われ過ぎレベルを下抜けた時
売りの仕切り(エグジット)  RMIが売られ過ぎレベル, 中間レベル, 買われ過ぎレベルのいずれかを超えた後、上抜けた時

システムについて

リラティブ・モメンタム・インデックス(RMI)を使用して取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

RSI クロスシグナル

RSI クロスシグナル

使用インジケーター

リラティブ・ストレングス・インデックス(RSI)【緑線】
ロングエントリーレベル【青点線※】(変更可能)、初期値50
ショートエントリーレベル【青点線※】(変更可能)、初期値50
※デフォルトではロングエントリーレベルとショートエントリーレベルは中間レベルと重なっているため、1本の【グレー点線】として表示されています。

売買シグナル

買い RSIがロングエントリーレベルを上抜けた時

売り  RSIがショートエントリーレベルを下抜けた時

システムについて

リラティブ・ストレングス・インデックス(RSI)を使用して取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

注:このトレーディングシステムはパラメータ設定の【Method for Generating Signals】でシグナルの表示方法を【Alert_for_ALL_Signals】(全てのシグナルを表示)と【Always_in_the_Market】(ドテン方式)から選択できますが、どちらの表示方法でも自動売買モードでの売買は【Always_in_the_Market】(ドテン方式)を基に行われます。

RSI リバーサルシグナル

RSI リバーサルシグナル

使用インジケーター

リラティブ・ストレングス・インデックス(RSI)【緑線】
買われ過ぎレベル【赤点線(上部)】(変更可能)、初期値70
中間レベル【グレー点線】
売られ過ぎレベル【赤点線(下部)】(変更可能)、初期値30

売買シグナル

買い RSIが売られ過ぎレベルを上抜けた時
買いの仕切り(エグジット) RSIが買われ過ぎレベル、中間レベル、売られ過ぎレベルのいずれかを超えた後、下抜けた時

売り  RSIが買われ過ぎレベルを下抜けた時
売りの仕切り(エグジット)  RSIが売られ過ぎレベル、中間レベル、買われ過ぎレベルのいずれかを超えた後、上抜けた時

システムについて

リラティブ・ストレングス・インデックス(RSI)を使用して取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

RVI クロスシグナル

RVI クロスシグナル

使用インジケーター

リラティブ・ボラティリティ・インデックス(RVI)【紫線】
ロングエントリーレベル【青点線※】(変更可能)、初期値50
ショートエントリーレベル【青点線※】(変更可能)、初期値50
※デフォルトではロングエントリーレベルとショートエントリーレベルの設定値が同一のため、1本の【青点線】として表示されています。

売買シグナル

買い RVIがロングエントリーレベルを上抜けた時

売り  RVIがショートエントリーレベルを下抜けた時

システムについて

リラティブ・ボラティリティ・インデックス(RVI)を使用して取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

注:このトレーディングシステムはパラメータ設定の【Method for Generating Signals】でシグナルの表示方法を【Alert_for_ALL_Signals】(全てのシグナルを表示)と【Always_in_the_Market】(ドテン方式)から選択できますが、どちらの表示方法でも自動売買モードでの売買は【Always_in_the_Market】(ドテン方式)を基に行われます。

RVI リバーサルシグナル

RVI リバーサルシグナル

使用インジケーター

リラティブ・ボラティリティ・インデックス(RVI)【紫線】
買われ過ぎレベル【赤点線(上部)】(変更可能)、初期値60
中間レベル【グレー点線】
売られ過ぎレベル【赤点線(下部)】(変更可能)、初期値40

売買シグナル

買い RVIが売られ過ぎレベルを上抜けた時
買いの仕切り(エグジット) RVIが買われ過ぎレベル、中間レベル、売られ過ぎレベルのいずれかを超えた後、下抜けた時

売り  RVIが買われ過ぎレベルを下抜けた時
売りの仕切り(エグジット)  RVIが売られ過ぎレベル、中間レベル、売られ過ぎレベルのいずれかを超えた後、上抜けた時

システムについて

リラティブ・ボラティリティ・インデックス(RVI)を使用して取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

RSI・ボリンジャー・バンド ブレークアウトシグナル

RSI・ボリンジャー・バンド ブレークアウトシグナル

使用インジケーター

RSI【紫線】
RSIボリンジャー・バンド
・上バンド【緑線(上部)】
・中央バンド【緑点線(中央部)
・下バンド【緑線(下部)】

売買シグナル

買い RSIがRSIボリンジャー・バンドの上バンドを上抜けた時
・パラメータ設定で【Require RSI Confirmation of Breakout?】をYesにした場合は、通常の条件+【条件に達したRSI値の次のRSI値】が【条件に達したRSI値】を上回り、RSIボリンジャー・バンドの上バンドよりも高い位置にある時、売買シグナルが表示されます。
買いの仕切り(エグジット) RSIが中バンドを下抜けた時

売り  RSIがRSIボリンジャー・バンドの下バンドを下抜けた時
・パラメータ設定で【Require RSI Confirmation of Breakout?】をYesにした場合は、通常の条件+【条件に達したRSI値の次のRSI値】が【条件に達したRSI値】 を下回り、RSIボリンジャー・バンドの上バンドよりも高い位置にある時、売買シグナルが表示されます。
売りの仕切り(エグジット)  RSIが中バンドを上抜けた時

システムについて

RSIとRSIに基づくボリンジャー・バンドを使用して取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

注: このトレーディングシステムはパラメータ設定の【Provide Supplemental Alert Signals?】(補足のシグナルを表示しますか?)で【Yes】(補足のシグナルを表示する)又は【No】(補足のシグナルを表示しない)から選択できますが、どちらの表示方法でも自動売買モードでの売買は【No】(補足のシグナルを表示しない)のシグナルを基に行われます。

RSI・ボリンジャー・バンド リバーサルシグナル

RSI・ボリンジャー・バンド リバーサルシグナル

使用インジケーター

RSI【紫線】
RSIボリンジャー・バンド
・上バンド【緑線(上部)】
・下バンド【緑線(下部)】

売買シグナル

買い RSIが下バンドから反転した時 (RSIが下バンドを上抜けた時)

売り  RSIが上バンドから反転した時 (RSIが上バンドを下抜けた時)

システムについて

RSIとRSIボリンジャー・バンドを使用して取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

注: このトレーディングシステムはパラメータ設定の【Method for Generating Signals】でシグナルの表示方法を【Alert_for_ALL_Signals】(全てのシグナルを表示)と【Always_in_the_Market】(ドテン方式)から選択できますが、どちらの表示方法でも自動売買モードでの売買は【Always_in_the_Market】(ドテン方式)を基に行われます。

RSI移動平均線 クロスシグナル

RSI移動平均線 クロスシグナル

使用インジケーター

RSI【緑線】
RSIの短期移動平均線【青線】
RSIの長期移動平均線【赤線】

売買シグナル

買い 下記の3パターンから選択
・RSIがRSIの短期移動平均を上抜けた時
・RSIがRSIの長期移動平均を上抜けた時
・RSIの短期移動平均がRSIの長期移動平均を上抜けた時
買いの仕切り(エグジット) 下記の3パターンから選択
・RSIがRSIの短期移動平均を下抜けた時
・RSIがRSIの長期移動平均を下抜けた時
・RSIの短期移動平均がRSIの長期移動平均を下抜けた時

売り  下記の3パターンから選択
・RSIがRSIの短期移動平均を下抜けた時
・RSIがRSIの長期移動平均を下抜けた時
・RSIの短期移動平均がRSIの長期移動平均を下抜けた時
売りの仕切り(エグジット)  下記の3パターンから選択
・RSIがRSIの短期移動平均を上抜けた時
・RSIがRSIの長期移動平均を上抜けた時
・RSIの短期移動平均がRSIの長期移動平均を上抜けた時

※買いの仕切りと売りのシグナル、また売りの仕切りと買いのシグナルに同じ条件を選択すると、ドテン方式となり、異なった条件を選択すると、一度ポジションを仕切ってから次の注文が入ります。

システムについて

RSIと、RSIの短期/長期移動平均線のクロス(交差)によって売買シグナルを発生させるトレーディングシステムです。
このトレーディングシステムの移動平均線は、価格の移動平均線ではなく、RSIの移動平均線を使用しており、指標からまた別の指標を算出して売買ポイントを見つけるというものです。

注: このトレーディングシステムはパラメータ設定の【Provide Supplemental Alert Signals?】(補足のシグナルを表示しますか?)で【Yes】(補足のシグナルを表示する)又は【No】(補足のシグナルを表示しない)から選択できますが、どちらの表示方法でも自動売買モードでの売買は【No】(補足のシグナルを表示しない)のシグナルを基に行われます。

シャフ・トレンド・サイクル ダブルリバーサルシグナル

シャフ・トレンド・サイクル ダブルリバーサルシグナル

使用インジケーター

Schaff Trend Cycle (STC)【茶線】
ファストSchaff Trend Cycle (ファストSTC)【茶点線】
買われ過ぎレベル【赤点線(上部)】(変更可能)、初期値70
売られ過ぎレベル【赤点線(下部)】(変更可能)、初期値30

売買シグナル

買い 下記のどちらかの条件を満たした時
・条件1.ファストSTCが売られ過ぎレベルより高く、ファストSTCが買われ過ぎレベル未満であり、ファストSTCがSTCを上抜けた時
・条件2. ファストSTCが売られ過ぎレベルを上抜け、ファストSTCがSTCより高く、ファストSTCが買われ過ぎレベル未満である時

売り  下記のどちらかの条件を満たした時
・条件1. ファストSTCがSTCを下抜け、ファストSTCが買われ過ぎレベル未満であり、ファストSTCが売られ過ぎレベルより高い時
・条件2. ファストSTCが買われ過ぎレベルを下抜け、ファストSTCがSTCより低く、ファストSTCが売られ過ぎレベルより高い時

システムについて

シャフ・トレンド・サイクルを使用して売買シグナルを発生させるトレーディングシステム。

注:このトレーディングシステムはパラメータ設定の【Method for Generating Signals】でシグナルの表示方法を【Alert_for_ALL_Signals】(全てのシグナルを表示)と【Always_in_the_Market】(ドテン方式)から選択できますが、どちらの表示方法でも自動売買モードでの売買は【Always_in_the_Market】(ドテン方式)を基に行われます。

シャフ・トレンド・サイクル リバーサルシグナル

シャフ・トレンド・サイクル リバーサルシグナル

使用インジケーター

Schaff Trend Cycle(STC)【茶線】
買われ過ぎレベル【赤点線(上部)】(変更可能)、初期値80
売られ過ぎレベル【赤点線(下部)】(変更可能)、初期値20

売買シグナル

買い STCが売られ過ぎレベルを上抜けた時
買いの仕切り(エグジット) STCが買われ過ぎレベルを下抜けた時、もしくはSTCが売られ過ぎレベルを下抜けた時

売り  STCが買われ過ぎレベルを下抜けた時
売りの仕切り(エグジット)  STCが売られ過ぎレベルを上抜けた時、もしくはSTCが買われ過ぎレベルを上抜けた時

システムについて

シャフ・トレンド・サイクルを使用し、売られ過ぎレベル、買われ過ぎレベルの上抜け、下抜けによって売買シグナルを発生させるトレーディングシステム。

スロー・ストキャスティクス・オシレーター クロスシグナル

スロー・ストキャスティクス・オシレーター クロスシグナル

使用インジケーター

%K【青線】
%D【青点線】

売買シグナル

買い %Kが%Dを上抜いた時

売り  %Kが%Dを下抜いた時

システムについて

スロー・ストキャスティクス・オシレーターを使用し、%Kと%Dのクロスによって取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

スロー・ストキャスティクス・オシレーター リバーサルクロスシグナル

スロー・ストキャスティクス・オシレーター リバーサルクロスシグナル

使用インジケーター

%K【青線】
%D【青点線】
買われ過ぎレベル【赤点線(上部)】(変更可能)、初期値80
売られ過ぎレベル【赤点線(下部)】(変更可能)、初期値20

売買シグナル

買い どちらも売られ過ぎレベルより下にある状態で、%Kが%Dを上抜いた時
・パラメータ設定で【Require Bull Candle for Long Entry?】をYesにした場合、通常の条件+【ロウソク足が陽線(始値<終値)】である時、売買シグナルが表示されます。
買いの仕切り(エグジット) %Kが%Dを下抜いた時に買い決済

売り  どちらも買い過ぎレベルより上にある状態で、%Kが%Dを下抜いた時
・パラメータ設定で【Require Bear Candle for Short Entry?】をYesにした場合、通常の条件+【ロウソク足が陰線(始値>終値)】である時、売買シグナルが表示されます。
売りの仕切り(エグジット)  %Kが%Dを上抜いた時に売り決済

システムについて

スロー・ストキャスティクス・オシレーターを使用して買われ過ぎレベル/売られ過ぎレベルと%Kと%Dのクロスの組合せによって取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

STARCバンド リバーサルシグナル

STARCバンド リバーサルシグナル

使用インジケーター

ストラー・平均レンジ・チャネル
・上バンド【紫線(上部)】
・中間バンド【青点線】
・下バンド【紫線(下部)】

売買シグナル

買い ロウソク足が以下のBar Formation 1 もしくはBar Formation 2 の条件を満たした時
・Bar Formation 1:
【終値>始値】、【終値>下バンド】、【安値<=下バンド】の全ての条件が揃う時
・Bar Formation 2:
【終値>始値】、【終値>下バンド】、【終値>1つ前のロウソク足の始値】、【1つ前のロウソク足の終値<1つ前のロウソク足の始値】、【1つ前のロウソク足の安値<=1つ前のロウソク足の下バンド】の全ての条件が揃う時

売り  ロウソク足が以下のBar Formation 1 もしくはBar Formation 2 の条件を満たした時
・Bar Formation 1:
【終値<始値】、【終値<上バンド】、【高値>=上バンド】の全ての条件が揃う時
・Bar Formation 2:
【終値<始値】、【終値<上バンド】、【終値<1つ前のロウソク足の始値】、【1つ前のロウソク足の終値>1つ前のロウソク足の始値】、【1つ前のロウソク足の高値>=1つ前のロウソク足の上バンド】の全ての条件が揃う時

システムについて

ストラー・平均レンジ・チャネルを使用して取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

STARC Bandsは「ATR」を利用して相場のボラティリティ(変動率)を測り、「移動平均線(MA)」の上下にバンドを表示し、チャネルを形成します。
上バンド=【移動平均線(MA)+(ATR×ATR乗数)】
下バンド=【移動平均線(MA)-(ATR×ATR乗数)】

注:このトレーディングシステムはパラメータ設定の【Method for Generating Signals】でシグナルの表示方法を【Alert_for_ALL_Signals】(全てのシグナルを表示)と【Always_in_the_Market】(ドテン方式)から選択できますが、どちらの表示方法でも自動売買モードでの売買は【Always_in_the_Market】(ドテン方式)を基に行われます。

ストキャスティクス・モメンタム・インデックス クロスシグナル

ストキャスティクス・モメンタム・インデックス クロスシグナル

使用インジケーター

ストキャスティクス・モメンタム・インデックス(SMI)【青線】
SMIシグナルライン【青点線】

売買シグナル

買い SMIがSMIシグナルラインを上抜いた時

売り  SMIがSMIシグナルラインを下抜いた時

システムについて

ストキャスティクス・モメンタム・インデックス インジケーターを使用し、SMIシグナルラインと組み合わせることによって取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

サポート・アンド・レジスタンス ブレークアウトシグナル

サポート・アンド・レジスタンス ブレークアウトシグナル

使用インジケーター

レジスタンスライン【青線】
サポートライン【赤線】

売買シグナル

買い 価格がレジスタンスを上抜いた時
・パラメータ設定で【Require Price Confirmation ofBreakout】をYesにした場合は、通常の条件+【条件に達した後のロウソク足2本のどちらかの終値】が【条件に達したロウソク足の高値】を上回った時に売買シグナルが表示されます。

売り  価格がサポートを下抜いた時
・パラメータ設定で【Require Price Confirmation ofBreakout】をYesにした場合は、通常の条件+【条件に達した後のロウソク足2本のどちらかの終値】が【条件に達したロウソク足の安値】を下回った時に売買シグナルが表示されます。

システムについて

サポート・アンド・レジスタンスインジケーターを使用して取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

注:このトレーディングシステムはパラメータ設定の【Method for Generating Signals】でシグナルの表示方法を【Alert_for_ALL_Signals】(全てのシグナルを表示)と【Always_in_the_Market】(ドテン方式)から選択できますが、どちらの表示方法でも自動売買モードでの売買は【Always_in_the_Market】(ドテン方式)を基に行われます。

T3移動平均線 クロスシグナル

T3移動平均線 クロスシグナル

使用インジケーター

短期T3移動平均線 【青線】
長期T3移動平均線 【赤線】

売買シグナル

買い 短期T3移動平均線が長期T3移動平均線を上抜けた時

売り  短期T3移動平均線が長期T3移動平均線を下抜けた時

システムについて

短期T3移動平均線と、長期T3移動平均線のクロスによって取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。
T3移動平均線について詳しくはこちら

トレーリング・ストップ・リバーサル・レベル クロスシグナル

トレーリング・ストップ・リバーサル・レベル クロスシグナル

使用インジケーター

Trailing Stoploss Reversal Level【赤点線】

売買シグナル

買い 終値がTrailing Stoploss Reversal Levelを上抜けた時

売り  終値がTrailing Stoploss Reversal Levelを下抜けた時

システムについて

Trailing Stoploss Reversal Levelインジケーターを使用して売買シグナルを発生させるトレーディングシステム。

トレンド・コンティニュエーション・ファクター クロスシグナル

トレンド・コンティニュエーション・ファクター クロスシグナル

使用インジケーター

Plus TCF 【青線】
Minus TCF 【赤線】

売買シグナル

買い Plus TCFがMinus TCFを上抜けた時

売り  Minus TCFがPlus TCFを下抜けた時

システムについて

トレンド・コンティニュエーション・ファクターを使用して売買シグナルを発生させるトレーディングシステム。

トレンド・コンティニュエーション・ファクター ストロングトレンドシグナル

トレンド・コンティニュエーション・ファクター ストロングトレンドシグナル

使用インジケーター

Plus TCF 【青線】
Minus TCF 【赤線】
ゼロ(0)ライン【黒点線】

売買シグナル

買い Plus TCFがゼロ(0)ラインを上抜けた時
買いの仕切り(エクジット) 下記の2パターンから選択
・Plus TCFがゼロ(0)ラインを下抜けた時
・Plus TCF がMinus TCFを下抜けた時

売り  Minus TCFがゼロラインを上抜けた時
売りの仕切り(エクジット)  下記の2パターンから選択
・Minus TCFがゼロ(0)ラインを下抜けた時
・Minus TCFがPlus TCF を下抜けた時

システムについて

トレンド・コンティニュエーション・ファクターを使用して取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

Plus TCFがゼロより大きい時、強い上昇トレンドと考えられ、反対に、Minus TCFがゼロより大きい時は強い下降トレンドと考えられる。

トレンド・トリガー・ファクター リバーサルシグナル

トレンド・トリガー・ファクター リバーサルシグナル

使用インジケーター

トレンド・トリガー・ファクター(TTF) 【青線】
買われ過ぎレベル【赤点線(上部)】(変更可能)、初期値+100
売られ過ぎレベル【赤点線(下部)】(変更可能)、初期値-100

売買シグナル

買い TTFが売られ過ぎレベルを上抜けた時
買いの仕切り(エクジット) TTFが買われ過ぎレベルもしくは売られ過ぎレベルを下抜けた時

売り  TTFが買われ過ぎレベルを下抜けた時
売りの仕切り(エクジット)  TTFが売られ過ぎレベルもしくは買われ過ぎレベルを上抜けた時

システムについて

トレンド・トリガー・ファクター(TTF)を使用し、買われ過ぎレベル/売られ過ぎレベルのクロスによって取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

三重指数平均(TRIX) クロスシグナル

三重指数平均(TRIX) クロスシグナル

使用インジケーター

トリプル・エクスポネンシャル・アベレージ(TRIX) 【青線】
TRIXシグナルライン【赤点線】

売買シグナル

買い TRIXがTRIXシグナルラインを上抜けた時

売り  TRIXがTRIXシグナルラインを下抜けた時

システムについて

トリプル・エクスポネンシャル・アベレージ(TRIX)インジケーターを使用し、取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

三重指数移動平均線(TEMA) クロスシグナル

三重指数移動平均線(TEMA) クロスシグナル

使用インジケーター

短期TEMA 【緑線】
長期TEMA【紫線】

売買シグナル

買い 短期TEMAが長期TEMAを上抜けた時

売り  短期TEMAが長期TEMAを下抜けた時

システムについて

トリプル・エクスポネンシャル・ムービング・アベレージを使用して取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

トゥルー・ストレングス・インデックス クロスシグナル

トゥルー・ストレングス・インデックス クロスシグナル

使用インジケーター

トゥルー・ストレングス・インデックス(TSI) 【青線】
TSIシグナルライン【赤線】
売買シグナル

買い TSIがTSIシグナルラインを下抜けた時

売り  TSIがTSIシグナルラインを上抜けた時

システムについて

トゥルー・ストレングス・インデックスを使用して取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

アルティメット・オシレーター クロスシグナル

アルティメット・オシレーター クロスシグナル

使用インジケーター

アルティメット・オシレーター【青線】
ロングエントリーレベル【青点線※】(変更可能)、初期値50
ショートエントリーレベル【青点線※】(変更可能)、初期値50
※デフォルトではロングエントリーレベルとショートエントリーレベルは中間レベルと重なっているため、1本の【グレー点線】として表示されています。

売買シグナル

買い アルティメット・オシレーターがロングエントリーレベルを上抜けた時

売り  アルティメット・オシレーターがショートエントリーレベルを下抜けた時

システムについて

アルティメット・オシレーターインジケーターを使用し、ロングエントリーレベル/ショートエントリーレベルの組み合わせによって取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

注:このトレーディングシステムはパラメータ設定の【Method for Generating Signals】でシグナルの表示方法を【Alert_for_ALL_Signals】(全てのシグナルを表示)と【Always_in_the_Market】(ドテン方式)から選択できますが、どちらの表示方法でも自動売買モードでの売買は【Always_in_the_Market】(ドテン方式)を基に行われます。

アルティメット・オシレーター リバーサルシグナル

アルティメット・オシレーター リバーサルシグナル

使用インジケーター

アルティメット・オシレーター【青線】
買われ過ぎレベル【赤点線(上部)】(変更可能)、初期値70
中間レベル【グレー点線】
売られ過ぎレベル【赤点線(下部)】(変更可能)、初期値20
売買シグナル

買い アルティメット・オシレーターが 売られ過ぎレベルを上抜けた時
買いの仕切り(エグジット) アルティメット・オシレーターが買われ過ぎレベル、中間レベル、売られ過ぎレベルのいずれかを下抜けた時

売り  アルティメット・オシレーターが買われ過ぎレベルを下抜けた時
売りの仕切り(エグジット)  アルティメット・オシレーターが 売られ過ぎレベル、中間レベル、買われ過ぎレベルのいずれかを上抜けた時
システムについて

アルティメット・オシレーターインジケーターを使用し、買われ過ぎレベル/中間レベル/売られ過ぎレベルの組み合わせによって取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

アルティメット・オシレーター/シグナルライン クロスシグナル

アルティメット・オシレーター/シグナルライン クロスシグナル

使用インジケーター

アルティメット・オシレーター【青線】
シグナルライン【青点線】

売買シグナル

買い アルティメット・オシレーターがシグナルラインを上抜けた時

売り  アルティメット・オシレーターがシグナルラインを下抜けた時

システムについて

アルティメット・オシレーターインジケーターを使用し、アルティメット・オシレーターとアルティメット・オシレーターのシグナルラインのクロスによって売買シグナルを発生させる取引システム。

ウィリアム・パーセント・レンジ(%R) クロスシグナル

ウィリアム・パーセント・レンジ(%R) クロスシグナル

使用インジケーター

ウィリアム・パーセント・レンジ(%R)【青線】
ロングエントリーレベル【青点線※】(変更可能)、初期値-50
ショートエントリーレベル【青点線※】(変更可能)、初期値-50
※デフォルトではロングエントリーレベルとショートエントリーレベルは中間レベルと重なっているため、1本の【グレー点線】として表示されています。

売買シグナル

買い %Rがロングエントリーレベルを上抜けた時

売り  %R がショートエントリーレベルを下抜けた時

システムについて

ウィリアム・パーセント・レンジを使用し、ロングエントリーレベル/ショートエントリーレベルの組み合わせによって取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

注:このトレーディングシステムはパラメータ設定の【Method for Generating Signals】でシグナルの表示方法を【Alert_for_ALL_Signals】(全てのシグナルを表示)と【Always_in_the_Market】(ドテン方式)から選択できますが、どちらの表示方法でも自動売買モードでの売買は【Always_in_the_Market】(ドテン方式)を基に行われます。

ウィリアム・パーセント・レンジ(%R) リバーサルシグナル

ウィリアム・パーセント・レンジ(%R) リバーサルシグナル

使用インジケーター

ウィリアム・パーセント・レンジ(%R)【青線】
買われ過ぎレベル【赤点線(上部)】(変更可能)、初期値-20
中間レベル【グレー点線】
売られ過ぎレベル【赤点線(下部)】(変更可能)、初期値-80

売買シグナル

買い %Rが売られ過ぎレベルを上抜けた時
買いの仕切り(エグジット) %Rが買われ過ぎレベル、中間レベル、売られ過ぎレベルのいずれかを下抜けた時

売り  %R が買われ過ぎレベルを下抜けた時
売りの仕切り(エグジット)  %Rが売られ過ぎレベル、中間レベル、買われ過ぎレベルのいずれかを上抜けた時

システムについて

ウィリアム・パーセント・レンジを使用し、買われ過ぎレベル/中間レベル/売られ過ぎレベルの上抜け・下抜けによって取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。