自動売買ロジック トップ10

世界で受賞歴を誇るヴァントレの自動売買ロジック、世界でのトップ10をご紹介します。
AT chart

1. トレーリング・ストップ・リバーサル・レベル クロスシグナル

2. 移動平均線(MA) クロスシグナル

3. モメンタム クロスシグナル

4. ブル/ベア平均足 リバーサルシグナル

5. RSI・ボリンジャー・バンド ブレークアウトシグナル

6. ブル/ベアローソク足 リバーサルシグナル

7. パラボリックSAR リバーサルシグナル

8. アルーン・オシレーター クロスシグナル

9. MACDファストライン/シグナルライン クロスシグナル

10. 線形回帰 クロスシグナル


#1: Trailing Stoploss Reversal Level Cross System

  トレーリング・ストップ・リバーサル・レベル クロスシグナル

◆ リスク

低-中

◆ ストラテジータイプ

リバーサル・トレンドブレイク型

◆ 要監視度

◆ チャート適性

1時間足以上のチャートが最適ながら、より短時間のチャートでも注意すれば適用可能。推奨は30分、1時間、4時間足チャート。

・使用インジケーター

Trailing Stoploss Reversal Level【赤点線】

・売買シグナル

[買い] 終値がTrailing Stoploss Reversal Levelを上抜けた時

[売り] 終値がTrailing Stoploss Reversal Levelを下抜けた時

・システムについて

Trailing Stoploss Reversal Levelインジケーターを使用して売買シグナルを発生させるトレーディングシステム。

 

 

#2: Moving Averages Cross System

  移動平均線(MA) クロスシグナル

◆ リスク

低-中

◆ ストラテジータイプ

トレンド型

◆ 要監視度

◆ チャート適性

1時間足以上のチャートが最適ながら、より短時間のチャートでも注意すれば適用可能。推奨は30分、1時間、4時間足チャート。

・使用インジケーター

短期移動平均線【青線】

長期移動平均線【赤線】

・売買シグナル

[買い] 短期移動平均線が長期移動平均線を上抜けた時

[売り] 短期移動平均線が長期移動平均線を下抜けた時

・システムについて

短期と長期の2本の移動平均線を使用して取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。



#3: Momentum Cross System

  モメンタム クロスシグナル

◆ リスク

低-中

◆ ストラテジータイプ

リバーサル・モメンタム型

◆ 要監視度

中 - ボラティリティの高い状況ではより細かい注意が必要。

◆ チャート適性

1時間足以上のチャートでの適用を推奨。

・使用インジケーター

モメンタム【青線】

ゼロ(0)ライン【黒点線】

・売買シグナル

[買い] モメンタムがゼロ(0)ラインを上抜けた時

[売り] モメンタムがゼロ(0)ラインを下抜けた時

・システムについて

モメンタムを使用し、モメンタムとゼロ(0)ラインとのクロスによって取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

 


#4: Bull / Bear Heikin-Ashi Candlesticks Reversal System

  ブル/ベア平均足 リバーサルシグナル

◆ リスク

◆ ストラテジータイプ

リバーサル型

◆ 要監視度

◆ チャート適性

どの時間枠のチャートでも使用可能ながら、短い時間枠にするほどノイズ(ダマシ)が多くなる可能性あり。推奨は30分、1時間、4時間足チャート。

・使用インジケーター

平均足

・売買シグナル

[買い] 平均足がブル(陽線※)の時 ※陽線:終値が始値より高い場合

[売り] 平均足がベア(陰線※)の時 ※陰線:終値が始値より低い場合

パラメータ設定でシグナルが発生するまでに必要なブル/ベアの平均足の数を設定できます。

・システムについて

平均足を使用して取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

注意:このトレーディングシステムはパラメータ設定の【Method for Generating Signals】でシグナルの表示方法を【Alert_for_ALL_Signals】(全てのシグナルを表示)と【Always_in_the_Market】(ドテン方式)から選択できますが、どちらの表示方法でも自動売買モードでの売買は【Always_in_the_Market】(ドテン方式)を基に行われます。

 

 

#5: Bollinger Bands Breakout System

  RSI・ボリンジャー・バンド ブレークアウトシグナル

◆ リスク

中-高

◆ ストラテジータイプ

ブレイクアウト・トレンド型

◆ 要監視度

◆ チャート適性

1時間足以上のチャート推奨。短いチャートでは効果を発揮しない可能性あり。

・使用インジケーター

RSI【紫線】

RSIボリンジャー・バンド

・・上バンド【緑線(上部)】

・・中央バンド【緑点線(中央部)

・・下バンド【緑線(下部)】

・売買シグナル

[買い] RSIがRSIボリンジャー・バンドの上バンドを上抜けた時

・・パラメータ設定で【Require RSI Confirmation of Breakout?】をYesにした場合は、通常の条件+【条件に達したRSI値の次のRSI値】が【条件に達したRSI値】を上回り、RSIボリンジャー・バンドの上バンドよりも高い位置にある時、売買シグナルが表示されます。

[買いの手仕舞い] RSIが中バンドを下抜けた時

[売り] RSIがRSIボリンジャー・バンドの下バンドを下抜けた時

・・パラメータ設定で【Require RSI Confirmation of Breakout?】をYesにした場合は、通常の条件+【条件に達したRSI値の次のRSI値】が【条件に達したRSI値】 を下回り、RSIボリンジャー・バンドの上バンドよりも高い位置にある時、売買シグナルが表示されます。

[売りの手仕舞い] RSIが中バンドを上抜けた時

・システムについて

RSIとRSIに基づくボリンジャー・バンドを使用して取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

注意: このトレーディングシステムはパラメータ設定の【Provide Supplemental Alert Signals?】(補足のシグナルを表示しますか?)で【Yes】(補足のシグナルを表示する)又は【No】(補足のシグナルを表示しない)から選択できますが、どちらの表示方法でも自動売買モードでの売買は【No】(補足のシグナルを表示しない)のシグナルを基に行われます。



#6: Bull / Bear Japanese Candlesticks Reversal System

  ブル/ベアローソク足 リバーサルシグナル

◆ リスク

◆ ストラテジータイプ

リバーサル・モメンタム型

◆ 要監視度

◆ チャート適性

推奨は長めの時間枠、30分、1時間、4時間足などのチャート。

・使用インジケーター

ロウソク足

・売買シグナル

[買い] ロウソク足がブル(陽線※)の時

※陽線:終値が始値より高い場合

[売り] ロウソク足がベア(陰線※)の時

※陰線:終値が始値より低い場合

パラメータ設定でシグナルが発生するまでに必要なブル/ベアの平均足の数を設定できます。

・システムについて

ロウソク足を使用して取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

注意:このトレーディングシステムはパラメータ設定の【Method for Generating Signals】でシグナルの表示方法を【Alert_for_ALL_Signals】(全てのシグナルを表示)と【Always_in_the_Market】(ドテン方式)から選択できますが、どちらの表示方法でも自動売買モードでの売買は【Always_in_the_Market】(ドテン方式)を基に行われます。

 


#7: Parabolic SAR Reversal System

  パラボリックSAR リバーサルシグナル

◆ リスク

◆ ストラテジータイプ

リバーサル型

◆ 要監視度

低-中

◆ チャート適性

1時間足以上のチャートでの適用を推奨。

・使用インジケーター

パラボリックSAR【青点線】

・売買シグナル

[買い] 終値がパラボリックSARを上抜けた時

[売り] 終値がパラボリックSARを下抜けた時

・システムについて

パラボリックSARを使用して取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

 


#8: Aroon Oscillator Cross System

 アルーン・オシレーター クロスシグナル

◆ リスク

◆ ストラテジータイプ

リバーサル・トレンド型

◆ 要監視度

低-中

◆ チャート適性

1時間以上の比較的長期枠のチャートでは、より高い効果が見込まれるが、相場の動きの初期をつかめない可能性もあり。

・使用インジケーター

アルーン・オシレーター【ヒストグラム】

ゼロ(0)ライン【黒点線】

・売買シグナル

[買い] アルーン・オシレーターがゼロ(0)ラインを上抜けた時

[売り]  アルーン・オシレーターがゼロ(0)ラインを下抜けた時

・システムについて

アルーン・オシレーターを使用して取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。

 

 

#9: MACD Fast Line / Signal Line Cross System

  MACDファストライン/シグナルライン クロスシグナル

◆ リスク

低-中

◆ ストラテジータイプ

リバーサル・トレンド型

◆ 要監視度

低-中

◆ チャート適性

どの時間枠のチャートでも使用可能。それぞれのトレーディング戦略に基づいたテストの上での使用を推奨。

・使用インジケーター

MACD Fastライン【青線】

MACD シグナル【赤線】

・売買シグナル

[買い] MACD FastラインがMACDシグナルを上抜けた時

[売り]  MACD FastラインがMACDシグナルを下抜けた時

・システムについて

MACDインジケーターを使用し、MACD FastラインとMACDシグナルの交差で売買シグナルを発生させる取引システム。


#10: Linear Regression Cross System

    線形回帰 クロスシグナル

◆ リスク

◆ ストラテジータイプ

リバーサル型

◆ 要監視度

◆ チャート適性

どの時間枠のチャートでも使用可能ながら、1時間以上の比較的長期枠でより高い効果が見込まれる。

・使用インジケーター

短期線形回帰【青線】

長期線形回帰【赤線】

・売買シグナル

[買い] 短期線形回帰が長期線形回帰を上抜けた時

[売り] 短期線形回帰が長期線形回帰を下抜けた時

・システムについて

短期線形回帰と長期線形回帰のクロスで取引シグナルを発生させるトレーディングシステム。