リモートデスクトップ

コントロールパネルから簡単にリモートデスクトップ接続する方法を2つご用意しています。

1. 

左メニューより「リモートデスクトップ」をクリックします。

リモートデスクトップ

2. 

1つ目の方法は、RDPファイルをダウンロードして自分のPCでダブルクリックします。
RDPファイルには、リモートデスクトップ接続に必要なIPアドレス、ユーザー名が含まれていますので、毎回情報を入力する必要なく、接続できます。

お客様の接続環境に応じ、下記接続速度を選択してください。

リモートデスクトップ接続

「RDPファイルをダウンロードする」 クリックしてください。

RDPファイルをダウンロードする

ダウンロードした「RDPファイル」 を自分のPCでクリックするとリモートデスクトップのログイン画面が表示されます。

パスワードだけ入力

既にIPアドレスとユーザー名は入力されていますので、あとはパスワードだけ入力すれば、接続できます。
2回目以降は、コントロールパネルに接続することなく、「RPDファイル」をダブルクリックするだけで、上記のログイン画面が表示されるようになります。

3. 

2つ目の方法は、「Webブラウザで開く」をクリックすることで、コントロールパネルから直接リモートデスクトップのログイン画面を表示する方法です。
こちらも1つ目の方法と同様に接続に必要なIPアドレスとユーザー名の入力は必要ありません。
※この機能はInternet Explorerでのみ利用できます。

お客様の接続環境に応じ、下記接続速度を選択してください。

リモートデスクトップ接続

「Webブラウザーで開く」クリックしてください。

Webブラウザーで開く

リモートデスクトップのログイン画面が表示されます。

パスワードだけ入力

既にIPアドレスとユーザー名は入力されていますので、あとはパスワードだけ入力すれば、接続できます。