よくあるご質問―共通

お取引ガイド

取引時間

FOREX.com(フォレックス・ドットコム)では24時間いつでも取引可能です。具体的には下記の時間帯で可能です。

ニューヨーク夏時間:日本時間月曜午前6時~土曜午前6時まで
ニューヨーク冬時間:日本時間月曜午前7時~土曜午前7時まで

取引システムの開始時間は毎週月曜日朝6時(冬時間朝7時)ですが、通常マーケットが開始してからの15分間は流動性が不安定であることが多い点を予めご了承ください。流動性の悪い時間帯では、スプレッドが一時的に大きく開いたり、取引ができなかったりする可能性があります。
back to Top

通貨ペアとスプレッド

FOREX.com(フォレックス・ドットコム)のFOREXTraderでは50種類もの通貨ペアをご用意いたしました。市場の流動性を一層反映させた競争力のあるレートの提供と確実な注文執行に努めています。
back to Top

初回預託証拠金

FOREXTrader : 5万円から 
MetaTrader4 : 5万円から
back to Top

手数料

取引手数料はもちろん口座開設費用、出金手数料は無料です。未稼働の口座について、口座管理料を徴収することがあります。
back to Top

為替レート

FOREX.com(フォレックス・ドットコム)では世界の大手銀行と提携して、公平性と透明性を第一に、すべてのお客さまに常に競争力のある為替レートを提供するよう努めております。売り買いは取引画面でワンクリックで可能です。為替レートはマーケットの状況を反映した変動スプレッドをご提供しております。
back to Top

電話取引

当社では電話でのお取引は受け付けておりません。

ただ、システムリスクを少しでも回避できるよう、通常対応時間外での緊急電話取引をご利用いただけます。緊急時とは、基本的に「市場取引結果が判明しない場合の結果照会と事後対応」「システム障害でポジションを決済する市場取引ができない」場合とします。システム障害時は緊急事態回避の観点から緊急状態に見舞われたメンバー様に対応できるように回線を確保する目的で、新規取引及びポジションの積み増し取引は自粛いただけるようお願いしております。

・専用連絡先は口座開設時にお知らせいたします。
・緊急取引専用回線は午後9:00以降午前9:00までの、通常対応時間外の対応専用です。
back to Top

決済取引上のルール

ゲインキャピタル社取引システムの決済大原則は、古いポジションから先に決済されて行く「ファーストイン・ファーストアウト(First In First Out-FIFO(略))」のルールに則っています。

もちろん同じ取引通貨のポジションが複数の取引によって構成されている場合のことですが、選択機能による例外を除き、決済取引がいかなる方法で行われても古い順番から注文レートが満たされる分が決済されます。

例)ドル円のポジションが古い順に112円の売り10万ドル、111.00円の売り20万ドル、110円の売り10万ドルの合計40万ドルが維持されている時、
108.00円で20万ドル分の決済取引が成された場合、112.00円の10万ドルと111.00円の10万ドル分が決済されます。この決済取引が市場成行注文、指値注文、逆指値注文(トレイル注文も含む)のいかなる方法によっても同じです。
back to Top

注文について

マーケットオーダー(市場成行注文)

レートを指定せず、市場で提示されているレートで注文を出すことで、成行注文ともいいます。レートよりも成立を優先したい場合に使用ます。ただし、レートは刻々と動くため、注文を出した時から取引成立の間にレートが変化することがありますので注意が必要です。

ストリーミング注文

ストリーミング注文を使うことにより、注文は指定のレートのみで約定、もしくは指定のレート+/-1pip のレートで約定されます。1pip以内でスリッぺージが許容されます。市場で提示されているレートより1 pip以上離れた場合、注文は約定されず「レートが変更しました」というメッセージが表示されます。
ストリーミング注文はFOREXTrader PRO取引システムのみ利用できます。

リミットオーダー (指値注文)

指値注文は現状より低いレートで買う、または高いレートで売る必要がある場合に使用します。市場が投資家の思い通りに動いた場合に、利益を確定する時に使用します。

ストップオーダー (逆指値注文)

ストップロス注文は現状より高いレートで買う、または低いレートで売る必要がある場合に使用します。市場が投資家のポジションと反対に動いた場合、損失を限定する時に使用します。

OCOオーダー (オー・シー・オー注文)

One Cancels the Other Order(OCO)の意味。

二つの注文を同時に出し、「どちらか一方の注文が成立するともう一方の注文は自動的にキャンセルされる」といった仕組みの注文方法です。

この注文方法を使うことで刻々と動く市場を追うことなく、テクニカル分析に基づいた取引が可能になります。

イフダンオーダー

取引したい第一注文(イフ注文)が成立(ダン)して初めて残りの第二注文が有効になる仕組みです。投資家が指定したレートでポジションをとり、そのポジションに対してリミットまたはストップも設定したい場合に使用します。

イフダンOCOオーダー

取引したい第一注文(イフ注文)が成立(ダン)して初めて第二注文のOCOオーダーが有効になる仕組みです。投資家が指定したレートでポジションをとり、そのポジションに対してリミットとストップを同時に設定したい場合に使用します。

トレイルストップオーダー

ストップロス注文の一種です。これは相場の流れの中で最高値、最安値を基点とした流動的な注文方法で、より高度な取引管理が可能です。通常のストップロスは価格水準に対して設定しますが、トレイルストップは設定した値幅で、相場の各ピークから設定幅の分だけ戻ったところに注文を配置していきます。相場の動きに合わせて、逆指値注文の設定価格を引き上げていきますので、損失が利益確定に繋がる場合もあります。
back to Top

証拠金率

MetaTrader 4:4%(最大25倍)
FOREXTrader:ミニ口座:4%(最大25倍)、スタンダード口座:4%(最大25倍)
証拠金率とは取引必要証拠金と実際の取引額との割合です。
back to Top

スワップポイント

当日のポジションを翌取引日へ繰り越した場合に、基準通貨(ペア左側)と変動通貨(ペア右側)の2通貨間の金利差が繰り越しコストとして発生します。その時のコストをスワップポイントといいます。簡単にいえば、金利が高い通貨を買って金利が低い通貨を売れば金利が貰えます、逆の場合は支払うことになります。市場変動によっては、どちらも支払う場合もありますので、ご注意ください。スワップポイントについては持高繰越履歴でご覧ください。
back to Top

システム メンテナンス

取引日付変更時間であるNY時間午後5時(日本時間午前6時<夏時間>または午前7時<冬時間>)前後より、システムメンテナンスのために約10分程度の利用停止時間が発生いたします。また、新機能搭載など、反映に時間を要する場合は30分前後中断する場合があります。お預かりしている注文は利用停止時間中も有効です。持ち越しポジションのスワップポイントもこの時間に計算され、システムに反映されます。
back to Top

約定確認

取引の約定確認は取引システムの約定画面で確認できます。詳しくは取引レポートで取引時間、約定レート、取引ロット数、取引番号などをご確認できます。
back to Top

レポート

レポートでは口座サマリー、取引明細書、持高、注文履歴、持高繰越履歴、確定損益レポートなどをご覧いただけます。
back to Top

100%信託保全

お客さまの証拠金は100%信託保全の対象となります。なお、取引で発生した損失はお客さまご自身の責任になりますので、ご注意ください。詳しくはこちらをご覧ください
back to Top

入金

当社指定の銀行口座に入金してください。入金時の振込手数料はお客さま負担となります。詳しくは入金・出金のページをご覧ください。
back to Top