FX取引における損益とは



※ポジション(建玉)を決済して確定した損益のみが課税対応になります。オープンポジション(決済していないポジション)については課税対象にはなりません。 

◆スワップの取り扱いについて:
当社の取引口座はスワップが実現損益として日々、口座残高に反映する方式ですので、ポジションを決済する/しないに関わらずスワップは課税対象になります。

◆FX取引に係る必要経費について:

FX取引にかかった経費を必要経費として利益から差し引くことができます。主なものとして、通信費や各種手数料、新聞・書籍などの購入費、セミナー受講費などを挙げることができます。
※領収書などの証明書類は普段から保管しておくことが大切です。

・通信費(電話代、インターネットプロバイダー料金などでFX取引に使用した部分)
・新聞・書籍(FX取引に係る書籍や雑誌の費用)
・機材・事務用品費(FX取引に係るパソコン費用や筆記用具の費用)
・セミナー受講費(FX取引に係るセミナー参加費や往復の交通費)
・各種手数料(銀行振込の際の入金手数料など)
※経費として認められる費用かどうかについては、管轄の税務署や税理士にお問い合わせください。