FOREX.comの約定力

なぜDD(ディーリングデスク)方式が大事なのか?

何が起こるか予想できないマーケット。通常、ディーリングデスクやリスク管理部門が配置され、マーケットのリスクを読んで事前に準備を重ね、大きなイベントの際にはすぐに防衛手段を講じて対処します。これが世界的な金融業界の常識です。

FX業者の中には、NDD方式といって、専門のディーリングデスクを置かずにレートを「そのまま」配信しているとうたっているところもあるようです。この場合、決まったロジックでレート配信と注文の執行をするため、マーケットで予想外のことが起こった場合に備える防衛手段が十分でない可能性があります。トレーダーは大きな損失のリスクにさらされることにもなります。それまで多少のスプレッド差でトクをしていたと思っても、一気に預け入れ証拠金を超えて大きな損失を出してしまっては元も子もありません。

インターバンクに近い「透明性」という言葉には、マーケットリスクという「不透明性」を同時にはらんでいるのかもしれません。

FOREX.comはグローバルなマーケットのプロとして、お客様をあえて危険な状態に置いておくわけにはいかない、という信念を持っています。ディーリングデスクやリスク管理部門が、12,000もの金融商品に代表される世界のマーケットの動き、グローバルな数々の銀行等の機関とのネットワークから、事前に各銘柄をリスク管理。お客様に適切な情報提供や投資教育をしながら、取引システムや配信レートで安全な取引環境の整備と保全につとめています。

 


業界の「まさか」が起こった時。

この効果が顕著に現れたのが、2015年1月のスイスショック。世界中の誰もが予想しなかったイベントで、多くの業者とそのお客様に多大な損失が出てしまったのです。

そんな中、何ヶ月も前から独自のリスク算出メソッドと深い経験・知識により、FOREX.comではお客様に注意喚起し、取引環境を整備。そのおかげで、スイスショックの際も例外的に損失が限定され、ほぼ影響なく乗り切ることができたのです。

このニュースは驚きをもって迎えられ、メディアでも話題となりました。

もちろん、マーケットは本当に予想を超える出来事が起こる世界です。絶対に安全という保証はなく、ディーリングデスクがあっても損失が出るケースはないとは言い切れません。ただ、だからこそ、少しでも早く異変をキャッチし、対処するために、深い経験や知識をもつプロのチームが、日々刻々、お客様の環境を護っています。

マーケットのプロフェッショナルの責任として、お客様をお護りするために、FOREX.comはディーリングデスク方式を続けています。



約定力とは、信頼の絆。

FOREX.comがFXでの取引を提供する上で、非常に重要視しているのが「約定力」です。 約定力とは「自分が指定した取引レートで取引が成立する」かどうかということです。

成行注文や逆指値注文(ストップ注文)がスリッページ(指定したレートからずれて約定すること)し続けたり、取引ボタンを押してもなかなか約定されなかったり、希望の取引レートとかけ離れたプライスで約定されてしまうと言うことが続けば、いくらスプレッド(売値と買値のプライスの差)が狭くても思ったとおりの結果にならず、利益に大きな差が出てしまいます。

※当社でもスリッページが発生する可能性があります。詳しくは、「お取引前の重要事項」内、注文種類ごとの執行方法をご覧ください。


いざという時の約定力がマーケットでの命運を分ける。

相場が大きく動いていない時には、「約定力」はどこの会社もさほど差がないかもしれません。 しかし、マーケットにはしばしば大波が襲い、時には予想もしなかったような大きな異変も起こります。FX取引をする上で大切なのは、重要経済指標の発表や、緊急事態の状況において、システムを提供している会社がどれだけ安定したスプレッドが提示出来て、どれだけ高い約定力を保てるのかということなのです。

投資家に対し、FX業者から提供されるのは通常は売値と買値の揃った「2ウェイプライス」です。 しかし実際の為替市場では、時に予想もしないようなイベントが発生し、売値や買値のいずれかが全くない状態、またマーケットが混乱して、今何円で取引しているのかも分からなくなってしまうということもあるのです。

※外国為替市場における価格の急変動や流動性低下などから、スプレッドの拡大や取引ができない場合が発生することがあります。

金融マーケットのプロフェッショナル、FOREX.comの安心感。

そうした混乱するマーケットの中で、いかに良いレートと約定力を保つことが出来るか。これは、財務基盤の強さ、重層的なリスク管理体制、そして何より金融マーケットでの経験がどのくらいあるかということで大きく変わってきます。FOREX.comはこのすべてで業界トップクラス。2015年1月のスイスショックの際も、類まれなる財務基盤の安定性を誇り、そのニュースは世界を駆けめぐりました。

FX取引をする上では、業者選びがきわめて重要なのです。


FOREX.comの約定力。比類なき安定性。

FOREX.comでは世界約180各国で取引を提供し、一日あたり実に12万回以上の取引を手掛け、なんとそのうち99%以上を一秒以内に約定させています。 お客様からお預かりしたオーダーは、迅速にカバー注文を出すことで、自らのポジションとして不必要に保有することがないように厳しく管理されています。

またカバー先には、20行以上の国際的にもトップランクの銀行が並び、信用度の高さを誇っています。その中から配信される質の高いプライスを厳選し、特に良いレートを自動的に選び提供しています。 このように豊富な流動性を確保している強さがあるため、FOREX.comは非常時などでどんなにマーケットが動いても、安定的に良いプライスをお客様に提示することが可能なのです。

トレーディングに必要なすべてに、+αを。

無料口座開設

無料デモ口座