【本日の東京為替見通し】ドル円、軟調推移か 米国3月の物価伸び率鈍化を受け

Article By 

【前日の為替概況】米3PPIの伸び率鈍化でドル下落 対円132.02円、対ユーロ1.1068ドル

13日のニューヨーク外国為替市場でユーロドルは3日続伸。終値は1.1046ドルと前営業日NY終値(1.0992ドル)と比べて0.0054ドル程度のユーロ高水準だった。前日の3月米消費者物価指数(CPI)に続き、本日の3月米卸売物価指数(PPI)が下振れたことで、米連邦準備理事会(FRB)が早期に利上げを停止するとの見方が広がった。米長期金利の低下とともに全般ドル売りが優勢になると、23時前に一時1.1068ドルと昨年4月以来1年ぶりの高値を付けた。

米長期金利が上昇に転じると伸び悩んだものの、下押しは1.1044ドル付近にとどまった。ナーゲル独連銀総裁やウンシュ・ベルギー中銀総裁など、欧州中央銀行(ECB)当局者が利上げ継続を相次ぎ示唆したことで、ユーロ買い・ドル売りが入りやすい地合いとなった。

ドル円は続落。終値は132.58円と前営業日NY終値(133.13円)と比べて55銭程度のドル安水準だった。21時過ぎに一時133.39円と日通し高値を付けたものの、インフレの鈍化や労働市場の過熱感が後退したことを示す経済指標の発表を受けて一転売りが優勢となった。23時前に一時132.02円と日通し安値を更新した。

ただ、節目の132.00円手前では押し目買いなどが入ったため下げ渋った。一時は3.36%台まで低下した米10年債利回りが3.45%台まで上昇したことも買い戻しを促し、132.80円付近まで下げ幅を縮めた。

ユーロ円は小幅ながら6日続伸。終値は146.46円と前営業日NY終値(146.34円)と比べて12銭程度のユーロ高水準。ECB高官が高インフレに対応するため利上げの継続が必要との認識を相次いで示したことから、欧利上げ長期化観測が高まった。欧州市場では一時146.89円と昨年119日以来約5カ月ぶりの高値を付けた。

NY市場ではドル円の下落をきっかけに円買い・ユーロ売りが先行し一時146.08円と日通し安値を付けたものの、売り一巡後はじりじりと下値を切り上げた。米国株相場の上昇を背景に投資家のリスク志向が改善し、円売り・ユーロ買いが進んだ。430分過ぎには146.70円付近まで値を戻した。

 

【本日の東京為替見通し】ドル円、軟調推移か 米国3月の物価伸び率鈍化を受け

本日の東京外国為替市場のドル円は、足もとの米インフレ減速を受けて軟調推移が予想される。12日発表の米3月消費者物価指数(CPI)総合と昨日発表の同月卸売物価指数(PPI)総合はどちらも市場予想を下回った。

本日ドル円のNY市場終値が雲の下限132.57円以下になれば、一目均衡表のテクニカル分析では、「三役逆転」という強い売りシグナルが点灯する。ドル円の下値を限定しそうなのが米金利が下げ渋っていることか。米10年債利回りは3.40%台で推移している。

3CPI総合は前年比+5.0%と昨年6月の前年比+8.9%をピークに鈍化傾向にある。同月PPI総合も前年比+2.7%と昨年6月の前年比+11.1%をピークに伸び率が縮小傾向だ。米連邦準備理事会(FRB)がインフレ指標として注視しているPCE総合価格指数も昨年6月の前年比+6.8%をピークに減速基調にある。

428日発表の3PCE総合価格指数がネガティブサプライズにならない限り、52-3日米連邦公開市場委員会(FOMC)では+0.25%の第10次追加利上げが行われる見込み。FF金利誘導目標5.00-25%はその後、年末まで据え置きが3FOMCでのドット・プロット(金利予測分布図)で示唆されている。

一方、CMEグループの「フェドウオッチ」でも、5FOMCでの追加利上げを織り込んでいる。しかしながら12FOMCに関しては4.25-50%へ引き下げられる確率が高くなっており、3FOMCでのドット・プロット(5.00-25%)との乖離がドルの上値を重くしつつある。

振り返ってみると、2112FOMCでのドット・プロットでは22年末のFF金利中央値は0.9%(0.75-1.00%)と予想されていた。しかしながら、「インフレ高進は一時的」だとする物価の見通しが間違っていたため、実際には4.25-50%まで上昇した。

昨年12月のFOMCでのドット・プロットでは、「インフレ高進は持続的」との見通しから、2023年末のFF金利中央値は5.1%(5.00-25%)と予想され、3FOMCでも同じだった。現時点での年末のFF金利予想は、ドット・プロットが5.00-25%、フェドウオッチは4.25-50%となっているが、FRBの見通しは確度が低いという実績があるため、市場はドル売りを進めつつあるのかもしれない。

 

【本日の重要指標】

※時刻表示は日本時間

<国内>

特になし

 

<海外>

09:0013月期シンガポール国内総生産(GDP)速報値(予想:前期比年率▲0.1%)

09:00 ◎ シンガポール金融通貨庁(MAS)、金融政策発表

15:003月スウェーデン消費者物価指数(CPI、予想:前月比1.0%/前年比11.1%)

コア指数(予想:前月比0.7%/前年比8.3%)

15:003月独卸売物価指数(WPI

15:303月スイス生産者輸入価格

15:453月仏CPI改定値(予想:前月比0.8%/前年比5.6%)

21:302月カナダ製造業出荷(予想:前月比▲2.7%)

21:303月米小売売上高(予想:前月比▲0.4%/自動車を除く前月比▲0.3%)

21:303月米輸入物価指数(予想:前月比▲0.1%)

21:45 ◎ ウォラー米連邦準備理事会(FRB)理事、講演

22:153月米鉱工業生産指数(予想:前月比0.2%)

設備稼働率(予想:79.0%)

23:004月米消費者態度指数(ミシガン大調べ、速報値、予想:62.0

23:002月米企業在庫(予想:前月比0.3%)

1500:30 ◎ テンレイロ英中銀MPC委員、講演

1503:15 ◎ ナーゲル独連銀総裁、講演

○国際通貨基金(IMF)・世界銀行春季会合(ワシントン、16日まで)

※「予想」は特に記載のない限り市場予想平均を表す。▲はマイナス。

※重要度、高は☆、中は◎、低◇とする。

※指標などの発表予定・時刻は予告なく変更になる場合がありますので、ご了承ください。

 

【前日までの要人発言】

13日07:10 植田日銀総裁

「G7で日銀は物価目標達成まで金融緩和を継続すると述べた」

「日本のインフレ率は現在3%前後だが、今後減速する見通し」

 

13日20:55 ウンシュ・ベルギー中銀総裁

「我々はまだ行動する必要がある」

 

13日21:08 ナーゲル独連銀総裁

「コアインフレはまだ高い」

「金融政策についてまだやることがある」

 

13日22:28 ピル英中銀金融政策委員会(MPC)委員兼チーフエコノミスト

「賃金動向のモメンタム指標は緩和しているようだ」

「CPIインフレ率は第2四半期に低下すると引き続き予想」

「労働市場が逼迫するというMPCの予想と一致して、失業率はほぼ低水準にとどまっている」

「中国は非常に力強く回復すると予想」

 

14日00:40 ゲオルギエバ国際通貨基金(IMF)専務理事

「インフレ率は依然として高すぎる」

「インフレ率は低下しているが、十分な速さではない」

「経済が減速しているという事実は、FRBが政策を再調整しなければならないことを示唆」

「銀行危機はないと予想」

「労働市場は依然として非常に堅調。消費は依然として非常に強い」

「中国に関しては、目覚ましい好転。今年は5.2%の成長を見込む」

 

14日04:31 カザークス・ラトビア中銀総裁

「リセッションのリスクは小さくない」

「インフレを抑えるには、金利をさらに引き上げる必要」

「重要な問題は依然として非常に高いインフレ」

「5月の0.50%の利上げを除外しない」

※時間は日本時間


〔日足一目均衡表分析〕

<ドル円=本日の終値次第で三役逆転の可能性>

陰線引け。ほぼ一目・雲の下限水準で引け、転換線は基準線を下回り、遅行スパンは実線を下回っていることで売りシグナルが優勢な展開が続いている。昨日は転換線を一時割り込むも、引けは同線を上回った。

雲の下限は132.57円で横ばいであり、本日同水準を下回って引けた場合、三役逆転が点灯するため警戒しておきたい。その雲の下限や転換線132.35円の下で推移が続くようだと、下値余地を広げることになりそうだ。

レジスタンス2      134.05(4/12高値)

レジスタンス1      133.32(日足一目均衡表・基準線)

前日終値                        132.58

サポート1           132.02(4/13安値

サポート2           131.534/7安値

 

<ユーロドル=1.09ドル半ばまで上昇した転換線が支持>

陽線引け。転換線は基準線を上回り、遅行スパンは実線を上回り、雲の上で引けており、三役好転の強い買いシグナルが点灯中。3手連続陽線で転換線を上回って引けているため続伸の可能性が示唆されている。

本日は1.09ドル半ばまで上昇してきた転換線を支持に押し目買いスタンスで臨み、同線を下抜けた場合は手仕舞い。

レジスタンス1      1.1121(ピポット・レジスタンス2

前日終値                        1.1046

サポート1           1.0950(日足一目均衡表・転換線)

 

<ポンド円=上昇中の転換線を支持に押し目買いスタンス>

陰線引け。遅行スパンは実線を下回っているが、転換線は基準線を上回り、雲の上で引けていることで買いシグナルが優勢な展開となっている。

抱き線で反落したものの、転換線を上回って引けているため反発の可能性が示唆されている。本日は164円後半で上昇中の転換線を支持に押し目買いスタンスで臨み、同線を下抜けた場合は手仕舞い。

レジスタンス1      168.012022/12/16高値)

前日終値                        166.02

サポート1                       164.81(日足一目均衡表・転換線)

 

NZドル円=転換線を上回って引けて続伸の可能性>

陽線引け。転換線は基準線を上回り、遅行スパンは実線を上回り、買いシグナルが優勢な展開。83円前半の一目・雲の下限を超え、そのまま雲の中で引けた。

抱き線で切り返して転換線を上回って引けているため、続伸の可能性が示唆されている。本日は転換線83.00円付近まで押し目買いスタンスで臨み、13日安値を下抜けた場合は手仕舞い。

レジスタンス1      84.06(3/14高値

前日終値                        83.46

サポート1                       82.57(4/13安値

 

chart 1

chart 2
  情報提供元:DZHフィナンシャルリサーチ社

 

フォレックス・ドットコムでは、ノックアウトオプション、FX、株価指数CFDを取引いただけます。
口座開設は以下のステップで行えます。

  1. 口座開設ページでご自身に最適なFOREX.com口座を選択
  2. 必要書類のアップロードとともに口座開設のお申込み
  3. 取引プラットフォームにログインしてお取引開始


本レポートに記載されている情報や見解は、一般的な情報としての使用のみを目的としたものであり、FX、CFD、その他あらゆる金融商品の購入や売却に関する勧誘や依頼の意図は全くありません。本文書に記載されている見解や情報は、予告や通知なく変更されることがあります。本文書は、特定の投資目的や背景、特定の受領者の意思などに沿って書かれ配布されたものではありません。本文書内で引用・言及されている過去の価格データは、当社独自の調査や分析に基づいており、当社はそのデータの提供元やそのデータそのものの信頼性につき、いかなる保証もせず、また筆者や訳者、各国の支社・ 支店も、本文書の内容の正確性や完全性についても一切保証しません。本文書の内容に基づく直接または間接の損失、そして本文書を信頼したことにより生じた損失についても、当社は一切その責を負いません。